時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

ロトくじにまつわる数字の話

投稿日:

スポンサードリンク



 

自分はロト6が大好きだ。

時々買っている。

 

もともと一般的な宝くじは滅多にというかほとんど購入しない。

結論から言ってしまえば当たらないからだ。

 

でもこのロト6には何か当たりそうな気がしてついつい購入してしまう。

もちろん結果としては当たらないのだが。

 

空売りの仕組み

 

ロト6は1から43までの中から任意の6個の数字を選ぶというものだ。

一等の当選確率は1/6,096,454だ。

 

天文学的な数字ではないにしろ簡単に当たるという代物でもない。

参考までに当選確率の計算方法に触れておこう。

 

皆さんも小学校の時、習った計算を思い出してほしい。

ひとつ目の数字は43の中から選ばれる確率は6/43。

 

二つ目の数字はそこからひとつずつ減っていく。

そして六つ目はと計算式を立てていくと以下のような計算式になる。

 

6/43X5/42X4/41X3/40X2/39X1/38=1/6,096,454という数字が導かれるというわけだ。

さて皆が気になるのは「ロトくじの当たり数字に法則はあるのか?」という事だろう。

 

実をいうと決して無いわけでもないのだ。

といのも過去のデータを紐解くと43個の数字が均等に出現していないからだ。

 

数字によっては十数回、出現しているものがあれば、僅か2回という数字もある。

ここがこのくじの面白いところでもあるのだ。

 

TVCMでおなじみ「クリクラ」の“新”空間除菌・消臭サービス!【ZiACO(ジアコ)】

 

ではその出現回数が多い数字が気にならないだろうか?

「神8」なる言葉があり出現回数の多い8つの数字の事を指している。

 

その8つの数字とは「6,8,10,12,15,38,39,43」だ。

人によってはこのような出現率の高い数字ばかりを選ぶ者もいる。

 

逆に出現率の低い数字ばかりを選ぶ人もいるだろう。

ただこれは競馬と同じで同じ数字を選んだ組み合わせが一等になっても、もらえる金額が減るという仕組みになっている。

 

一攫千金を狙うなら競馬の穴狙いと同じ出現率の低い数字を狙うのがセオリーになりそうだ。

また純粋にくじを楽しみたいという方は自分や家族の誕生日などラッキーナンバーを組み合わせて数字の組み合わせを作る人もいる。

 

 

ある意味、ロト6は自分の好きな数字を選べる分、一般的な宝くじよりギャンブル性が高いのかもしれない。

自分はどちらかというと独自の法則性を見出して可能性がありそうな数字を探すタイプだ。

 

でも結局はひとつも数字がかすらない時もある。

コロナの外出自粛でお疲れ気味の方はロトくじをしてみるのも良いだろう。

 

納税もしているし少なくともパチンコよりは健全だと思う。

 

 

縁起をかつぐ人

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.