時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

カルチャー

アイドルは中年を狙う

投稿日:

スポンサードリンク



 

自分が若いの頃にも女性アイドルに没頭する男性がいた。

「親衛隊」が組織的にアイドルを応援していた時期だ。

 

その頃の大人達は男性アイドルに若い女性が夢中になるのが理解できても、若い男性が女性アイドルに夢中になることを訝しげに見ていた記憶がある。

テレビの中の作られたアイドル(偶像)に没頭するのは「はしか」のようなものだ。

 

二十代半ばになれば現実を知りほとんどの男性がその病気から快復していく。

ところが最近の男性はそうでは無いようだ。

 

メラビアンの法則とは

 

先日、テレビ番組で女性アイドルの卒業コンサートに多くの中年男性が訪れていることに驚かされた。

それも恥ずかしげもなくテレビの取材に応じているのだ。

 

30代40代といえばまわりの友人達は子供もできている世代だろう。

価値感の差といえばそれまでだが、本当にそれで良いのだろうか?

 

完全に仕掛ける芸能界側の術中にはまってしまっている。

現代のアイドルはマーケティングありきで企画されている。

 

CDを購入して「握手券」なるもを手にいれる。

イベントに行きお気に入りのアイドル本人との握手を得られるというわけだ。

 

強者になるとその握手券を複数得るために同じCDを複数枚購入するという。

そしてイベント会場にいるアイドルの営業スマイルにしてやられて帰ってくるのだ。

 

TVCMでおなじみ「クリクラ」の“新”空間除菌・消臭サービス!【ZiACO(ジアコ)】

 

10代の若者ならそれで良いかもしれない。

でも30代40代になってアイドルにアドレナリンが分泌されまくっている男性をどう評価すれば良いのだろう?

 

日本人は偉い人に対して必要以上に頭を下げる傾向がある。

自分も営業をしていた頃はそれが当たり前行動と思っていた。

 

でも最近はどの人もただの「人間」だと思っている。

アイドルだってどこにでもいるただの人間なのだ。

 

 

アイドルに限らず女性を美化しすぎるから「痴漢行為」や「盗撮」などの性犯罪が起こしてしまうのだ。

そんなただの人間の作っている営業スマイルに毒される前に結婚を前提として一般の女性との接点を模索するべきではないだろうか?

 

結婚して子供が出来たら絶対に人生観が変わるはずだ。

とそんな事をいくら説いても馬の耳に念仏なんだろうと思う。

 

ひとつだけ確かな事がある。

それは皆が平等に歳をとっていること。

 

寿命に差はあれど毎年皆ひとつずつ歳をとっている。

還暦を過ぎて彼らが人生を振り返った時、手元に残っているのが「握手券」が抜かれた大量のCDではあまりにも寂しい人生ではないだろうか?

 

 

なぜワイドショーの内容は皆同じなのか?

スポンサードリンク



 

-カルチャー

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.