時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

呆れる中韓のパクリ文化

投稿日:

スポンサードリンク



 

数年前に韓国の裁判所が韓国のロボットアニメである「テコンV」は日本のアニメ「マジンガ―Z」の模倣でないとの司法判断をした。

このテコンVの模倣については以前より日本でも話題になっていた。

 

そもそも韓国国民自体がテコンVをマジンガーZの模倣と思っていたので大きな話題になった。

韓国では国がそれを認めようしないのでこの手の模倣は日常化していた。

 

韓国に不都合なライダイハン

 

それが韓国特有の「パクリ文化」だ。

アニメ繋がりでいえば子供達の人気アイドルである「ドラえもん」は劣化コピーされて「トンチャモン」として韓国でアニメ化されている。

 

この手のパクリ文化は1980年から1990年代に韓国国内で日本の大衆文化が禁止されていた事にも関係しているようだ。

また韓国のテレビ関係者の間では「ネタに困ったら釜山に行け」という合い言葉があるらしい。

 

釜山に行くと日本のテレビ番組が見れるのでそれをパクッて番組を作ろうという意味だ。

もちろん韓国側のテレビ関係者にパクッているという意識はないだろう。

 

恰好良くいえばインスパイアされているのだろう。

例えば日本テレビの「クイズ世界はSHOW by ショーバイ」や「行列のできる法律相談所」などはしっかりとパクられている。

 

そしてもっともパクリが横行しているのがお菓子だ。

 

元証券ディーラーが選ぶ注目銘柄を無料公開!

 

森永製菓の「ハイチュウ」をパクッて「マイチュウ」。

同じく森永製菓の「おっとっと」をパクって「くじらごはん」、こちらはネーミングよりもパッケージ、商品イメージがそっくりだ。

 

福岡の銘菓「ひよ子」をパクって「ひよこ」。

カルビーの「かっぱえびせん」はパッケージや商品イメージもまるまるパクられている。

 

日本のカルビーが韓国向けに作っているかっぱえびせんとしか思えないぐらいの仕上り具合だ。

韓国の菓子メーカーは韓国国内で流通している分には見つからないとでも思っているのだろうか?

 

 

そしてこのパクリ文化は韓国のみならずお隣、中国の専売特許でもある。

日本のみならず世界中の企業が血眼になって商品の開発をしている。

 

その一番美味しいところだけを搾取していくのが彼らのやり方だ。

現在、米中間の貿易戦争も「知的財産権の侵害」が大きな焦点になっている。

 

中国は日本の地名である「青森」や「讃岐」などを中国国内で商標登録している。

中国の商標制度は先願主義をとっているため例え外国の地名だろうが先に出した人間に登録の権利がある。

 

韓国にしても中国にしても国ぐるみで「パクリ文化」を推進している様にも思えてくる。

これが道徳感が無いと捉えるか?

 

それとも商売が一枚も二枚も上手と捉えるか。

日本は本当に厄介な隣人が多い。

 

韓国の失業率の嘘

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.