時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

25年後にあなたの街は生き残れるか?

投稿日:

スポンサードリンク



 

「2045年市町村将来推計人口ランキング」なるデータがある。

このデータは2045年の日本の市町村の推計人口をランキング化したものだ。

 

興味のある方は検索してみて欲しい。

2045年といえば25年後。

 

そもそも自分が存命なのかもわからない。

でもこのデータを見ていると日本の将来が不安になってくる。

 

イオンが無い県がある

 

2045年の日本の都市の推計人口ランキングベスト5は下記となっている。

 

1.神奈川県横浜市 344.6万人(-7.5%)

2.大阪府大阪市 241万人(-10.4%)

3.愛知県名古屋市 217.3万人(-5.3%)

4.北海道札幌市 180.5万人(-7.5%)

5.福岡県福岡市 165.4万人(7.5%)

 

人口の後に記載されているパーセンテージは2015年との人口の比較になっている。

という事は大阪市は2015年より10%減るという事になる。

 

というか上位5都市のうち福岡市を除くすべての都市が減少しているではないか?

福岡市がプラスを維持しているのはせめてもの救いだ。

 

ちなみに東京都は区部でランキングしているためトップ10には顔を出してこない。

ただ東京都の区部がすべて安泰かといえばそうでもない。

 

東京都の中でも負け組が出ている。

足立区の予測はなんと-12.6%。

 

元証券ディーラーが選ぶ注目銘柄を無料公開!

 

実をいうと日本の総人口は2015年から2045年にかけて2,000万人が減るとされている。

最近の空き家の増加を見れば納得がいくが今この時も人口減少がどんどん進行している。

 

ただ2,000万人といえば100万都市が20ヶ分だ。

尋常じゃない人口減少にこれからの子供達は対応していかないといけない。

 

その他の政令指定都市を見てみる。

 

6.神奈川県川崎市 154.9万人(5.1%)

7.京都府京都市 129.7万人(-12.1%)

9.埼玉県さいたま市 128.5万人(1.7%)

10.広島県広島市 129.5万人(-15.7%)

11.宮城県仙台市 92.2万人(-14.7%)

 

13.千葉県千葉市 90.5万人(-6.9%)

15.福岡県北九州市 77.1万人(-19.8%)

17.大阪府堺市 70.7万人(-15.7%)

18.静岡県浜松市 70.4万人(-11.7%)

19.熊本県熊本市 69万人(-6.8%)

 

20.新潟県新潟市 68.8万人(-15%)

21.岡山県岡山市 68.4万人(-4.9%)

22.神奈川県相模原市 63.6万人(-11.6%)

30.静岡県静岡市 56.7万人(-19.5%)

 

政令指定都市でプラスを維持できているのは6位の神奈川県川崎市(5.1%)と9位の埼玉県さいたま市(1.7%)のみ。

ただこの二都市は現実的には東京都市圏に組み込まれているから成立しているだけ。

 

 

地方の単独の政令指定都市はかなり苦戦を強いられそうだ。

そしてもっと深刻なのが地方の中堅都市だ。

 

宮城県石巻市や大阪府門真市、群馬県桐生市などはマイナス40%以上の予測が出ている。

25年後、あなたの街は生き残れるか?

 

事故物件を検索する

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.