時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

カルチャー

アイドルにはまる中年達

投稿日:

スポンサードリンク



 

自分たちが若い頃にも女性アイドルに没頭する男性がいた。

「親衛隊」と呼ばれる組織がお気に入りのアイドルを応援していた。

 

その頃、大人達は若い女性が男性アイドルに夢中になる事は理解できたが、若い男性が女性アイドルに夢中になる事には理解に苦しんでいたように思われる。

自分も好きな女性アイドルはいたがファンクラブに入る事さえした事はない。

 

下げたいガンマーGTP

 

若者が作られた「アイドル(偶像)」に没頭するのは「はしか」のようなものだ。

二十代半ばになればほとんどの若者はその病気から快復していく。

 

だが最近の男性はそうではない様だ。

多くの女性アイドルユニットに中年の男性ではしかにかかったままの人がいる。

 

お気に入りの女性がアイドルユニットから卒業しようものならコンサートに率先して訪れていることに驚かされる。

30歳40歳といえばまわりの友人達は子供も出来ている世代だ。

 

価値感の差といえばそれまでだ。

だがアイドルにはまる中年達よ。

 

人生、本当にそれで良いのか?

悪くいうと完全に仕掛ける側の術中にはまっている。

 

現代のアイドルはマーケティングありきで売り出さている。

CDを購入して「握手券」なるもを手にいれる。

 

イベントでそのアイドル本人との握手ができるというわけだ。

 

勝率90%以上の厳選した株式銘柄を無料公開!

強者はその「握手券」を複数手に入れるために同じCDを複数枚購入するという。

そしてイベント会場にいるお気に入りアイドルの営業スマイルを見て満足して帰ってくる。

 

十代の若者ならそれでも良いだろう。

でも30歳40歳になってアイドルにアドレナリンが分泌されまくっている男性をどう評価しろというのか?

 

アイドルは確かに顔はかわいいだろうが相手はただの人間だ。

アイドルに限らず女性を美化しすぎると「痴漢行為」や「盗撮」などの性犯罪が起こしてしまう。

 

ちょっと見た目の良いただの人間の営業スマイルに毒されるている場合じゃない。

早く結婚を前提とした一般の女性との接点を模索すべき。

 

結婚して子供が出来たら必ず人生観が変わる。

という事をいくら彼らに説いても馬の耳に念仏なんだろうと思う。

 

 

ひとつだけ確かな事がある。

それは皆が平等に歳をとっている事。

 

寿命には多少の差があれど皆、毎年ひとつずつ歳を重ねていく。

還暦を過ぎた時、手元に残っている「握手券」が抜かれた大量のCDを見て彼らは何を思うのか?

 

ひとつの事に集中できた満ち足りた人生だった?

これを個人の価値感の差として片づけて良いのか悩むところだ。

 

ステマの問題点

スポンサードリンク



 

-カルチャー

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.