時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

ワイドショーはなぜ同じ話題なのか?

投稿日:

スポンサードリンク



 

ウイークデーに自宅にいるとついついテレビのワイド―ショーを見てしまう。

その日の話題は芸能人の不倫騒動だ。

 

さして興味のない自分はチャンネルを変えてみるがこれまた同じ内容なのだ。

そのほかのチャンネルを見ても概ね話題は同じ内容だ。

 

LINEが危険な理由

 

こうなると視聴者のチャンネルの選択はその番組の司会者やゲストの好感度に委ねられる。

この時間にワイドショーを見ている人達は専業主婦か高齢者だろう。

 

各社、女性受けをする清潔感の溢れる司会者を起用しているようにも思われる。

さてそれはさておき、皆さんはワイドショーはなぜ同じ話題なのか疑問に思わないだろうか?

 

その答えは非常に簡単だ。

ワイド―ショー制作会社が限られているからだ。

 

テレビ番組はテレビ局がすべての番組を直接制作しているわけではない。

視聴率の期待できない午前中の番組は外注に丸投げして対応する場合がある。

 

ワイドショー番組を一手に引き受けて制作している「泉放送制作」という会社がある。

一度、ググってみて欲しい。

 

泉放送制作はTBSのプロデューサーだった泉久次氏が立ち上げた会社だ。

そのホームページを見ると驚かされる。

 

制作番組リストを見て欲しい。

 

勝率90%以上の厳選した株式銘柄を無料公開!

 

TBSの朝の「ビビット」と「ひるおび」。

フジテレビの「とくダネ」に「ノンストップ」そして「グッデイ」。

 

そしてテレビ朝日の「モーニングショー」も手掛けている。

そう東京キー局のワイドショーをほとんど押さえているのだ。

 

もう民放間の差別化もない。

これは委託するテレビ局側も経費削減の意味あいが大きな要因だろう。

 

これでは番組の話題が同じにならないわけがない。

ワイドショーはなぜ同じ話題なのかの答えがここにある。

 

ただワイドショーの内容が芸能ネタが同じレベルなら問題もない。

問題は情報が一社に偏よる事による偏向報道が怖いのだ。

 

 

そう戦時中に使われた情報操作に匹敵する。

この泉放送制作が制作している報道番組に日曜日朝TBSの「サンデーモーニング」がある。

 

皆さんもご覧になったことがあると思うが、この番組内容について違和感を感じた事はないだろうか?

明らかに偏向報道をしている。

 

中国や韓国を忖度したコメントに吐き気を覚える事もある。

なぜ日曜日の朝から情報操作をされなくてはいけないのか?

 

これはどうもTBS、また番組制作側にかなりの意図があるようだ。

その意図は「TBS 反日」でググれば簡単にわかるだろう。

 

韓国に不都合なライダイハン

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.