時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

精神年齢の男女差

投稿日:

スポンサードリンク



 

人はいくつになっても見た目の若さにこだわる。

これには男女も関係ないだろう。

 

皆さんいつまでも若く見られたいのだ。

その良い証拠が「毛染め」だ。

 

歳相応と言いながらも毛染め剤を購入してはせっせとその作業に励む。

「見た目9割」という言葉は見事に人間の本質を表現している。

 

なぜワイドショーの内容は皆同じなのか?

 

つまるところ皆さん見た目が一番重要だと認識しているのだろう。

かくいう自分も無理してまで若者のストリートファッションを取り入れようとは思わない。

 

しかし昔からいだいていたコテコテの老人の服装をしようとも思わない。

結局スポーツ系のファッションに落ち着いてしまう。

 

このスポーツ系ファッションはシニアが着てもまず外さない。

何故なら少々派手なスポーツ系ファッションのカテゴリーはシニアが着ても違和感が無いからだ。

 

ただ女性の方は本当に大変だと思う。

カジュアルと併用できるといってもこの手のスポーツ系ファッションで街中は歩き難い。

 

女性はそのたびごとに着替えを余儀なくされる。

自分は女性に生まれなくて本当に良かった。

 

ところである程度の歳になっても若者ファッションを平気で取り入れる順応性の高い方がいる。

このような方は俗にいう精神年齢が若いと思う。

 

元証券ディーラーが選ぶ注目銘柄を無料公開!

 

ただこの精神年齢なる言葉は非常に曖昧でその基準となる指標がないのも事実だ。

簡単にいえば20代はこう考えるだろう。

 

30代ならこう考えるだろう。

というものさしが無いのだ。

 

つまり精神年齢は誰との比較かがわからない。

でもシニア世代でストリートファッションに順応できる人は若い人の目なんか意識をしていない。

 

流行に敏感でありたいと思っているだけなのだ。

その方にとって同世代がどんなファッションをしていても関係ないというわけだ。

 

 

ところで男女の精神年齢は3歳違うと言われている。

女性は男性よりも精神年齢が3歳高いとされている。

 

精神年齢の男女差については自分も納得のいくところだ。

自分も年下の嫁さんと話していてもとても実感する。

 

女性は男性より冷静に物事を判断するところがあると思う。

それに比べて直観的に行動しやすい男性の抑止的な立場になってくれる。

 

それが結果的に良い夫婦の関係のなっているのではないだろうか?

精神年齢の男女差は神様が作った男女間のツボのように思われる。

 

相互にツボを押さえる事によりその関係が維持されていく。

体の臓器に不要なものがないのと同じだ。

 

割りばしは清潔か?

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.