時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

スタッドレスタイヤの弱点

投稿日:

スポンサードリンク



 

今年は北陸など比較的、雪の多い地域で降雪が少ない様だ。

とはいえ今後、降雪が無いわけではない。

 

自分は関東に住んでいるが関東のドライバーほど降雪に弱い人達は無いと思う。

関東のドライバーは雪に不慣れなのに、身の程知らずでスノータイヤを準備しないで冬場を乗り切ろうとする。

 

確かに市街地に住んでいれば雪の降った当日さえ運転をしなければ一冬越せない事はないだろう。

関東の市街地では降った日の翌日はほぼ車の運転はできる。

ただ市街地でも裏道の日陰に入るとドツボにはまる場合もあるが。

 

地方都市のタワマンは時限爆弾

 

さて一昨年前、国土交通省が「タイヤのチェーンの装着」を義務化した全国の13区間を発表している。

このの区間についてはスタッドレスタイヤを装着していてもタイヤチェーン装着が義務化された。

 

「タイヤへのチェーンの装着」には条件がある。

「大雪特別警報や大雪に対する緊急発表が行われるような異例の降雪時」

 

「勾配の大きい峠部でこれまでに大規模な立ち往生などが発生した区間」

となっている。

 

一般国道の区間としては

 

国道112号 山形県内の西川町志津~鶴岡市上名川の区間27km

国道138号 山梨県山中湖村平野~静岡県小山町須走字御登口の区間9km

国道7号 新潟県内の村上市大須戸~村上市上大鳥の区間16km

 

国道8号 福井県内のあわら市熊坂~あわら市笹岡の区間4km

国道54号 広島県三次市布野町上布野~島根県飯南町上赤名の区間12km

国道56号 愛媛県内の西予市宇和町~大洲市松尾の区間7km

 

の6区間だ。

 

今週の急騰銘柄を無料公開!

 

また高速道路としては

 

上信越道 長野県の信濃町IC~新潟県の新井PAの区間25km

中央道 山梨県内の須玉IC~長坂ICの区間9km

中央道 長野県県内の飯田山本IC~園原ICの区間10km

 

北陸道 福井県の丸岡IC~石川県の加賀ICの区間18km

北陸道 滋賀県の木之本IC~福井県の今庄ICの区間45km

米子道 岡山県の湯原IC~鳥取県の江府ICの区間34km

浜田道 広島県の大朝IC~島根県の旭ICの区間27km

 

の7区間だ。

 

 

なぜスタッドレスタイヤを履いているのにタイヤチェーン装着が義務化されるのか?

それはスタッドレスタイヤの弱点にある。

 

実をいうとスタッドレスタイヤは坂道に弱いのだ。

だから上記の区間は坂の多い峠に設定されている。

 

雪道では万能に思えたスタッドレスタイヤの弱点を垣間見た思いだ。

この情報を知らずにスタッドレスタイヤで上記の区間に来てしまった車は大変、混乱するだろう。

 

チェーンを購入しようにもシーズン中では地元のショップに在庫があるかも怪しい。

特にスタッドレスで安心しきっている関東の怖いもの知らずのドライバーには注意を促したい。

 

イオンが無い県がある

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.