時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

マンションは買うな!

投稿日:

スポンサードリンク



 

年の瀬にあえて提案をしたい。

新築マンションを買うな!

 

もちろん中古マンションも買うな!

語弊があるのでひとつ修正したい。

 

東京など都心部の地価が高値安定のところを除いてという事になる。

特に危険なのが小さな地方都市にある分譲マンションだ。

 

地方都市のタワマンは時限爆弾

 

マンションの耐久年数は長くても50年程度と言われている。

20歳代でマンションを購入すると存命中にマンションの耐久年数に到達してしまう可能性がある。

そもそも耐久年数に到達してしまったマンションはその後の選択肢が限られてしまう。

 

1.所有者4/5の了解を得て所有者でお金を出し合って建てなおす。(退去希望者には退去してもらう)

2.所有者4/5の了解を得てマンション自体を壊す。土地の売却して所有者で均等に割振る。

 

という事になりそうだ。

まず最初の問題点は「区分所有法」に基づく所有者4/5の賛成だ。

 

ここであえて「居住者」とせず「所有者」としたのはそのマンション外で暮らす所有権を有している人たちがいるからだ。

つまりマンション投資をしている人達だ。

 

この方たち全員を集めて管理組合の話合いを持つことはほぼ不可能に近いだろう。

下手をすると国外にいる場合もある。

 

運良く所有者4/5の賛成を得られたしよう。

建て直すには相応の費用が生じる。

 

今週の急騰銘柄を無料公開!

 

20代でマンションを購入した所有者はすでに70代。

新たなローンを組む事は不可能だろう。

 

せいぜい壊して売却をするのが精一杯だろうが壊す費用に転居費用も生じる。

建て直す費用までいかないにしても高額な費用が生じる事は明白だ。

 

どちらにしても人生においてマンションを所有するという事はかなりリスキーなのだ。

 

 

先日、テレビ東京の「ガイアの夜明け」で東京都奥多摩町の「いなか暮らし支援住宅」について触れていた。

人口流出に悩む町が転入増加を図るために空き家を低家賃で貸し出している。

 

15年定住した際にはその家の所有権が譲渡され今まで納めていた家賃も戻るので実質無料で住宅が手に入るというものだ。

すごく良いシステムだと思った。

 

青梅線の奥多摩駅から東京駅までおよそ中央快速で2時間。

東京駅までの直通電車の本数は限られているが通勤できない距離ではない。

 

マンションが負の遺産になりそうな今、これらのシステムを使って移転するのも有りかと思う。

もちろんローンの残債金額にもよるだろう。

 

そしてもう一点一番重要な事はマンションに「買い手」がつくことだ。

とにかく都心の一等地でない限りマンションには興味を持たない方が良いだろう。

 

もう一度言おう。

マンションは買うな!

 

25年後に人口が増えている都市がある

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.