時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

床屋の産毛剃り

更新日:

スポンサードリンク



 

床屋さんでカットや整髪をしてもらうのは子供にとって初めて接する大人の社会だったように思う。

お金を払っているから子供でも立派な客であり床屋さん側も真剣勝負だからだ。

 

マクドナルドの戦略もそうだが幼い頃から味覚を洗脳すると将来に渡って顧客になってくれるという。

だからマクドナルドは子供の来店を促すように小さな遊園地を置いたり子供向けのセットを用意する。

 

床屋さんも同じで子供の頃から良いサービスをしておけば長いおつきあいが期待できる。

床屋さんは子供であろうと決して手は抜かないのだ。

 

自分は定期的に行く近隣の床屋さんが非常に好きだった。

特に好きだったのが「顔剃り」だ。

 

この「顔剃り」は経験のない女性の方にはその気持ち良さが理解できないだろう。

ほとんどの男性はこの「顔剃り」の10分ぐらいの間に眠りについてしまう。

 

フィンジアは育毛の最終兵器?

 

顔の上を危険な刃物が行き交っているのにだ。

床屋さんのサービスは信頼のもとに成り立っている。

よもやカミソリが落ちてくるなんて想像もした事がない。

 

ほとんど床屋さんがおでこから始めていく。

そして顔を左右に分けて処理していくのだ。

 

そして片側の最終工程で必ず耳たぶにカミソリを軽く当てて小刻みに表面を削っていく。

サクサクと爽快な音が耳元に伝わっていく。

 

子供心に床屋さんに質問してみた。

 

今週の急騰銘柄を無料公開!

 

「何を剃っているの?」と聞くと、床屋さんが「産毛なんだ」と教えてくれた。

この床屋の産毛剃りは本当に気持ちが良い。

 

悲しいかな現在の床屋さんでこのサービスをしてくれる所はない。

厳密にいえば僅かだが残っているらしいが。

 

耳の周辺を処理するカミソリを「穴刀(あなとう)」という。

この「穴刀」による事故が多かった様でほとんどの自治体が条例で禁止してしまった様だ。

 

ということで最近の若い床屋さんは「穴刀」を触った事がない人もいるという。

職人技がまたひとつ消えていくようでとても寂しい。

 

 

高齢になると耳毛の成長がやたらと元気になる。

昔のように耳付近の処理をして欲しいシニアの方は多いのではないだろうか?

 

産毛の処理はちょっと難しいかもしれないが耳毛の処理については各メーカーが耳毛カッターを発売している。

ただし耳毛カッターもあくまでも「耳の周辺で鏡で見えるところまで」という事らしい。

 

そもそも耳の穴に入れる事は想定していない。

各メーカーもトラブルが怖いという事だろう。

 

脳にも近くそれだけ耳の穴の中にはリスクがあるのかもしれない。

年内には床屋に行こうと思っている。

 

叶うなら床屋の産毛剃りをもう一度体験したいものだ。

 

下げたいガンマーGTP

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.