時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

迷惑なコンビニの喫煙

投稿日:

スポンサードリンク



 

今年の10月にセブンスターが500円に値上げされた。

煙草一箱が定食並みになってきたかと思うと隔世の感がある。

 

大学生から煙草を吸い始めた。

一時期はかなりヘビーになったが結婚を前に煙草と縁を切った。

 

当時吸っていたのはハイライトで150円だ。

確かセブンスター180円の時代だったろう。

 

煙草を止めて以来、煙草の価格には興味すらなかったが知らない間に当時の三倍になっていたのだ。

今回の値上げでいったいどれだけの喫煙者が煙草を止めたのだろうか?

 

喫煙者の数字は以前とあまり変わっていないと思う。

この状況下で今だに喫煙している人はかなり頑な人だと思う。

 

もう一桁高くならない限り煙草を止める事はないだろう。

と思うのがコンビニに行った時だ。

 

ご丁寧にコンビニ側が未だに店舗の横に灰皿を準備している。

コンビニ側としては店の周囲を汚されたくない対策として置いているのだろう。

 

下げたいガンマーGTP

 

しかし迷惑なコンビニの喫煙は減る事がない。

煙草をやめて久しい自分はあの副流煙が本当に苦手だ。

 

駐車場から店に入る前に息をとめて急ぎ足で行く。

なぜ煙草を吸わない側がここまでしなくてはいけないのかわからない。

 

スポンサードリンク



 

今から思うと煙草はコミュケーションの道具になっていたと思う。

会社員の同僚を見ていると取引先とテーブルにつく度に双方が煙草に火をつける。

 

一回の商談で最低でも2本吸うだろう。

仕事が終わる夕方頃になると優雅な煙草の香りどころではない。

 

あるのは不快感と吐き気だけだ。

それだけ不快な思いをしながら喫煙者は煙草の危険性と向きあっていかないといけない。

 

 

煙草には「癌」や「脳卒中」、「心筋梗塞」、「動脈硬化」、「高血圧」、「糖尿病」などの疾患のリスクがあると言われている。

そして喫煙には疾患のリスクと並ぶぐらいのデメリットがある。

 

それが口元の臭いだ。

とにかく近づくと臭い。

 

これだけは喫煙者本人には絶対にわからないだろう。

自分は煙草を止めて数十年になるが喫煙者のそばに行くと吐き気をもよおす。

 

「それは大袈裟だ」思うなら非喫煙者の家族や友人に聞いてみると良いだろう。

答えは明白だ。

 

皆我慢しているのだ。

そう喫煙者は知らない間に周囲に公害をまき散らしている。

 

先ほどの息をとめてコンビニの前を歩いている話も誇張ではない。

皆、迷惑なコンビニの喫煙に辟易している事を理解してほしい。

 

肝臓にスルフォラファン

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.