時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

GAFAの時価総額

投稿日:

スポンサードリンク



 

最近、テレビや新聞を賑わす言葉に「GAFA」がある。

これは「ガーファ」と読む。

 

我々の世代だと「サイモン&ガンファンクル」を思いだすかもしれないがそれとは違う。

この「GAFA」は4つの巨大IT企業の頭文字から取られている。

 

その巨大企業とはすなわち「Google(グーグル)」、「Apple(アップル)」、「Facebook(フェイスブック)」、「Amazon(アマゾン)」の事だ。

各社が市場をけん引しているといえば聞こえは良いが巨大になり過ぎて問題になりつつある。

 

小売業の意外な親会社

 

「Google(グーグル)」は1998年にスタンフォード大学に在籍中の「ラリー・ペイジ」と「セルゲイ・ブリン」によって創業されている。

全世界でおよそ300億ドルの売上を誇っている。

検索エンジンを運営するだけでよく商売が成り立つと思われがちだがグーグルは売上のそのほとんどは広告費と言われている。

 

「Apple(アップル)」は1977年はあの「スティーブ・ジョブズ」と「スティーブ・ウォズニアック」によって創立されている。

「Macintosh(マッキントッシュ)」の成功が後のアップルの拡大に繋がっていく。

 

「Facebook(フェイスブック)」はハーバード大学出身の「マーク・ザッカ―バーグ」と「エドゥアルド・サベリン」により創業されだ。

 

スポンサードリンク



 

現在、仮想通貨Libra(リブラ)でなにかと話題になる「マーク・ザッカ―バーグ」だが世界の石油王といわれた「ロックフェラー」の孫ではないかという噂がいまだにある。

 

「Amazon(アマゾン)」は1994年に「ジェフ・ベゾス」によって創業されている。

スタートはアマゾンの前身となった「Cadabra, Inc.」だ。

 

「ジェフ・ベゾス」は現在、世界最大の資産家でフォーブスの長者番付でも世界一になった。

ちなみにワシントンポスト紙のオーナーでもある。

 

皆さんもアマゾンにお世話になっている方は多いのではないだろうか?

かくいう自分も月に数回は注文している。

 

ということで日本の大手流通業はアマゾンに苦戦を強いられている状況だ。

さてこの巨大なGAFAの時価総額はいくらなのか?

 

 

ざっくりとした数字だがグーグルを運営するアルファベットがおよそ4,500億ドル、アップルがこの中で最高の1兆2,000億ドル、フェイスブックが4,800億ドル、そしてアマゾンが9,000億ドルになる。

あくまでも単位がドルなので円に換算すると莫大な数字になる事がわかる。

 

ちなみに日本のトップ企業であるトヨタの時価総額がおよそ25兆円だ。

とてもGAFAの時価総額の足元に及ばない。

 

確かにGAFAは巨大になり過ぎているような気がする。

 

イオンが無い県がある

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.