時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

IT

ショートカットキーが使えない?

更新日:

スポンサードリンク



 

ブラインドタッチ(キーボードを見ずに入力する方法)が出来る方はパソコンで文字入力をする際にマウスに持ち変えるのが非常に煩わしい。

そこでショートカットキーを多用す事になる。

 

そもそもショートカットキーの意味がわからない方のために簡単に説明する。

「切り取り」や「コピー」などのコマンドをメニューから選択をせずにキーボード操作のみで作業する事をいう。

 

プリントスクリーンの使い方

 

実をいうと自分もブラインドタッチで作業するのでこのショートカットキーは多用している。

ホームページ制作を生業にされている方はブラインドタッチが出来る様になってしまう。

 

というかブラインドタッチが出来ないと仕事にならないのだ。

つまりホームページ制作を多少かじった事のある自分はブラインドタッチが出来るというわけだ。

 

今この文章もキーボードを見ないで打っている。

さてブラインドタッチが出来ないにしてもショートカットキーが使えないのは少々恥ずかしい。

 

ショートカットキーを多少でも使いこなせればそれなりにカッコはつくものだ。

というか慣れるとショートカットキーのほうが好きなると思う。

 

という事で今回は誰でもすぐできるショートカットキーの使い方を説明しよう。

 

スポンサードリンク



 

ワードで文章や文字を選択してコピーする時は、対象をドラッグして編集メニューの「コピー」をクリックもしくはマウスの右ボタンでコピーを呼び出すのが一般的だ。

この時、右手にマウスを持っている状態なのでこれは問題はない。

 

ただ貼りつけたい場所にカーソルを移動して編集や右ボタンをクリックするのはいただけない。

この時は空いている左手で「Ctrl」+「V」とすれば非常にスマートに「貼りつけ」が完了する。

 

 

また間違って文章をすべて消してしまって慌てた事はないだろうか?

その時は慌てずに「Ctrl」+「Z」と打てば文章は復活する。

 

「Ctrl」+「Z」は「元にもどす」の意味であり、トラブルの際の魔法のショートカットキーなのだ。

ただしここで慌てて「Esc」や「Delete」などの余計なキーを打つと、直前の作業の「履歴」が消えてしまう可能性があるので注意が必要だ。

 

印刷の時に使う「Ctrl」+「P」は多くの方が知っていると思われるのでここでは省くが、せめてこの二種類のショートカットキーぐらいは覚えておいて欲しいものだ。

皆さんはショートカットキーが使えないのではない。

 

使おうとしないのだ。

 

LINEが危険な理由

スポンサードリンク



 

-IT

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.