時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

カルチャー

割りばしは清潔か?

投稿日:

スポンサードリンク



 

あなたは先入概念として「割りばし」は未使用だから清潔と思っていないだろうか?

果たして本当にそうだろうか?

 

多分にそれは「割りばし」を入れてある紙袋からその概念が生まれているのだろう。

それではあなたは「割りばし」を紙袋に入れる作業を見た事があるだろうか?

 

もちろん高級な割りばしは日本で衛生管理も徹底して袋詰めしているだろう。

しかし大方の廉価版の割りばしは生産国である中国で袋詰めまでしている。

 

もうこの段階でその作業が想像できる。

中国での割りばし製造の一連の工程を見たらとても割りばしを使用する気持ちがなくなるという。

 

ドリンクバーの原価

 

日本人の食生活は「作り手の性善説」で成立している。

よもや作り手側が客を裏切る様な事はないと信じて止まない。

 

でも昨今の有名外食産業のトラブルを見ていると安心・安全というのは終焉を迎えているような気がする。

要は日本人スタッフには安心・安全の意識が浸透していても中国の末端の作業する人間にはその意識が浸透できていないのだ。

 

以前、ある取引先の方から「割りばしは清潔か?」という問題提議をされた事があった。

そう割りばしは口に入れるものなのに食品と違って何を持って衛生的で安全かの判断基準がないのだ。

 

スポンサードリンク



 

そもそも割りばしがかびもせずあの白い色を維持できているか疑問に思わないだろうか?

中国の工場ではあの白さを保つために強力な防カビ剤や漂白剤が使用されている。

 

中国の食品メーカーの衛生観念については皆さんご存じだろう。

食品であのレベルだから「割りばし」はまさにやりたい放題だ。

 

 

日本では年間に260億膳の「割りばし」が消費されている。

そのほとんどがこの危険な中国製なのだ。

 

単純計算すれば国民一人あたり年間210本程度を使用している。

そう皆さんもこの危険な割りばしを年間210回も口に入れているのだ。

 

先ほど問題提議をされた取引先の方はこの現実を知っていたのだ。

最近では一部の外食産業では割りばしではなく一般の箸に移行するところも出てきた。

 

箸の洗浄コストを考えるとかなり人件費が割高になるのは必至だ。

それでも割りばしでトラブルが起きるよりは安くなるという判断だろう。

 

この危険な中国製の割りばしに対する対応はいたって簡単だ。

いつも「マイ箸」を持ち歩けば解決する話だ。

 

合理化が進んだ現代においては日常に潜む先入概念に絶えず疑問を抱く事が重要だ。

高級店で提供されるものは別として、割りばしは清潔ではないのだ。

 

なぜワイドショーの内容は皆同じなのか?

スポンサードリンク



 

-カルチャー

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.