時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

ブルーライトが目に影響

投稿日:

スポンサードリンク



 

我らシニア世代は「ブルーライト」という言葉を聞くと石田あゆみのヒット曲である「ブルーライト横浜」を思いだす。

実をいうとこの曲がヒットしたのは1968年の事で彼女は僅か20歳だった。

 

今から思うと当時の石田あゆみは20歳にしては大人の色気があった。

さてここでいう「ブルーライト」とは港町横浜の夜景に光る青いネオンの事ではない。

 

最近、「文字が小さい!」と某有名俳優が書類をばらまくテレビコマーシャルの中で「ブルーライト」のカットにも触れている。

では「ブルーライト」とはいったい何のか?

 

「ブルーライト」は「青色発光ダイオード」が発する光だ。

「青色発光ダイオード」と言えば「日亜化学」とその開発に携わったN氏との間で裁判問題になったのは記憶に新しい。

 

下げたいガンマーGTP

 

「青色発光ダイオード」はその後、ノーベル賞の受賞までもたらした。

ノーベル賞を受賞するぐらいだから「世紀の発明」ということで間違いない。

 

この「青色発光ダイオード」の恩恵をもっとも認識できるのが信号機だ。

最近では「緑色をした青」から「青色をした青」に変わっている。

 

この「青色発光ダイオード」は電球の交換が不要で朝日や夕日の影響を受けにくいというメリットがある。

そして省エネルギーなのでいい所づくめなのだ。

 

 

スポンサードリンク



 

ところがこの「青色発光ダイオード」が発するブルーライトが目に影響を及ぼすらしい。

「青色発光ダイオード」はパソコンやスマホのバックライトに使われている。

 

そこから発せられる波長が短くパワーが強い「ブルーライト」が画面を見ている人の目の網膜にまで届いてしまうのだ。

網膜の細胞が死滅する「加齢黄斑変性症発症」の原因になると言われている。

 

 

特に注意が必要なのはパソコンよりもスマホだ。

暇があればスマホを見いている若い世代は要注意だ。

 

偉大なる発明がその後の世の中に弊害をもたらすことは歴史上多い。

ノーベル賞の設立自体がそうだ。

 

爆薬の開発や生産により冨を築いたアルフレッド・ノーベルはその後多くの人間が爆薬によって命を落すことになった事にショックを受ける。

彼は遺言の中で「財産を人類のために貢献した人に分配される」として現在のノーベル賞設立の礎になった経緯がある。

 

「ブルーライト」は適正な距離や時間を守れば問題は無い。

ただ「過ぎたるは及ばざるがごとし」だ。

 

スマホを見るのはほどほどが良いだろう。

ブルーライトが目に影響する事はだけは覚えておこう。

 

LINEが危険な理由

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.