時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

スポーツ

箱根駅伝が中止?

投稿日:

スポンサードリンク



 

来年1月の2日3日に行われる第96回東京箱根間往復大学駅伝競走の予選会が昨日、東京都立川市の国営昭和記念公園で行われた。

この予選会の突破校を見る前に今年の箱根駅伝でシード権を確保した大学を確認しておこう。

 

1位 東海大学            10時間52分09秒

2位 青山学院大学      10時間55分50秒

3位 東洋大学            10時間58分03秒

4位 駒澤大学    11時間01分05秒

5位 帝京大学    11時間03分10秒

 

6位 法政大学    11時間03分57秒

7位 國學院大学         11時間05分32秒

8位 順天堂大学         11時間08分35秒

9位 拓殖大学            11時間09分10秒

10位 中央学院大学    11時間09分23秒

 

予選会とは立川市の北側の陸上自衛隊駐屯地から昭和記念公園に至る21.0975kmで行われる。

立川陸上自衛隊駐屯地と昭和記念公園は隣接している。

 

左まわりの法則とは?

 

立川陸上自衛隊駐屯地と昭和記念公園施の外周をまわるルートになっている。

各校から10名以上12名以下の走者が走って行われる。

 

上位10人の合計タイムで10位以内の大学が来年1月の本戦へと駒を進めることになる。

 

スポンサードリンク



 

さて気になる昨日の予選会の結果は

 

1位 東京国際大学

2位 神奈川大学

3位 日本体育大学

4位 明治大学

5位 創価大学

 

6位 筑波大学

7位 日本大学

8位 国士館学

9位 早稲田大学

10位 中央大学

となった。

 

昨年は95回記念大会という事でシード外で関東インカレ成績枠から日本大学が出場。

また予選会から11校が出場して「関東学生選抜」を加えた23校で行われた。

 

しかし今年は上記20校で競技が行われる。

箱根駅伝で国立大学の出場は珍しい。

 

筑波大学は26年ぶりの出場という事で応援したいところだ。

さて出場校が決まったところで気になるのが決戦の舞台となる箱根の状況だ。

 

 

先日の台風19号の影響が気になるところだ。

コースではないが箱根町内では複数の土砂崩れ等の報告が入っている。

 

また箱根登山鉄道は箱根湯本駅から強羅間の年内復旧は難しいという見方だ。

まさか箱根駅伝が中止?

という憶測もでている。

 

現在、関係者が箱根駅伝開催のためにご尽力いただいている。

大変だとは思うが頑張っている選手のためにもまた日本全国の駅伝ファンのためにも開催してほしいところだ。

 

下げたいガンマーGTP

スポンサードリンク



 

-スポーツ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.