時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

塩害を英語でいうと?

投稿日:

スポンサードリンク



 

自分の幼い頃からのあこがれは湘南海岸の近くに住む事だった。

たぶんにこのような願望が生まれたのは「俺たちの朝」というドラマの影響だ。

 

日本テレビの「俺たちシリーズ」のひとつで勝野洋、小倉一郎、長谷直美がメインキャストだった。

ちなみに「俺たちシリーズ」とは中村雅俊主演の「俺たちの旅」と「俺たちの祭」そして「俺たちの朝」の三部作となっている。

 

「俺たちの旅」、「俺たちの朝」そして「俺たちの祭」が正式な順番だ。

「俺たちの朝」の舞台は湘南の鎌倉。

 

江ノ島電鉄の極楽寺駅周辺をメインに湘南の風景がこれでもかと出てくる。

横浜や東京に近接していることもあり単なる田舎の海とは違う風景だ。

 

このドラマを見て湘南での暮らしにあこがれを抱いた人は多かったのではないだろうか?

ところが現実的な湘南の暮らしはそんな簡単ではないようだ。

 

地方都市のタワマンは時限爆弾

 

というよりも日本全国、海に面している地で暮らす人々は日々「塩害」と戦っている。

車や自転車などは内陸部に比べて錆びるのがかなり早い。

 

もちろん住宅も同じで、外に露出している金属やエアコンの室外機などはまともにその洗礼をうけることになる。

そう海のそばで暮らすという事は「塩害」を覚悟する必要がある。

 

スポンサードリンク



 

単なる海のあこがれだけで移住すると後悔することになるだろう。

さてこの「塩害」なる言葉が気になる。

 

塩害を英語でいうと何というのだろうか?

塩害とは英語で「Salt damage」になる。

 

直訳すると「塩の損害」だ。

西洋東洋を問わず人間は塩の恩恵と損害を享受してきたのだ。

 

 

ところで今回の台風でも内陸部で「塩害」の報告がされている。

台風により巻き上げられた海水が内陸部まで飛ばされて来るのだ。

 

鉄道の架線に付着した塩がトラブルを起こす。

また野菜に塩が付着すると変色をおこしてしまう。

 

こうなると「塩害」は海に面した地域だけの問題ではなくなってくる。

「俺たちの朝」では湘南に住むことのメリットを出してもデメリットが出てくる事はまずない。

 

何故ならメリットがデメリットを凌駕しているからだ。

今後も日本人は「塩害」をはじめ地震や台風などの自然災害と向き合っていく事になる。

 

日本に住んでいる事のメリット。

そして日本に住んでいる事のデメリット。

 

自分はどんなに自然災害があろうとこの日本に住んでいる事にメリットを感じている。

それは多くの日本人の意見だと思っている。

 

25年後に人口が増えている都市がある

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.