時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

タワマンで後悔

投稿日:

スポンサードリンク



 

「タワマン」という言葉を聞いたことがあるだろうか?

栄養ドリンクを思いだした方は「タフマン」の聞き違いだ。

 

「タワマン」とは「タワーマンション」の省略形で特に都市部に乱立している超高層マンションの事を表す。

超高層マンションの定義というのは無いのだが、概ね「58mの高さを超える高密度住宅」とされているようだ。

 

最近ではちょっとした地方都市でも駅前にランドマークのように建ちはじめた。

やはり高層階の部屋が人気の様でその眺望が一番の売りになっている。

 

なぜワイドショーの内容は皆同じなのか?

 

この記事を読まれている方にもこの「タワマン」に住みたいという方もいらっしゃると思うが、本日は少し現実的な話をしてみたいと思う。

それはタワマンで後悔して欲しくないからだ。

 

実はこの「タワマン」にはかなりの問題がありそうなのだ。

マンション在住の方ならご存じだと思うがマンションは15年程度を目安に「大規模修繕」が必要になるとされている。

 

紫外線や雨風によりダメージを受けた外装の修復。

また給排水設備のメンテナンスも必要だ。

 

通常は管理組合が中心となって「修繕積立金」をプールしていく事になる。

ところがこの「タワマン」の「大規模修繕」を行う場合、その規模ゆえに金額が尋常じゃないと言われている。

 

一節には通常の低層階マンションの倍以上とか?

その理由は明解で高層階ゆえに足場が組めないからだ。

 

スポンサードリンク



 

「リフトクライマー」と呼ばれる「移動昇降式足場」を使用することによるコストアップが否めない。

高額ながらも一回目の「大規模修繕」を無事終わらせる事ができたとしよう。

 

でも次の「大規模修繕」に向けてあらたな「修繕積立金」のプールをしなければいけない。

次回はより老朽化が進むので今回よりも更に費用がかかる事が想定される。

 

そこで理事会は「修繕積立金」の増額を住民に提案しなければならない。

その可決のためには「タワマン」の住む戸数の3/4の同意が必要になる。

 

そもそも「タワマン」の戸数は非常に多い。

また部屋を第三者に貸している場合、オーナーが遠隔地に居住している場合もある。

 

この「3/4の同意」を得るのがどれだけ大変な事なのかは容易に想像がつくだろう。

そしてもっと厄介なのが事がある。

 

 

鉄筋コンクリート製のマンションの寿命(法定耐用年数)は47年とされている。

その時そのマンションは建て替えるのか、はたまた壊すかの選択を迫られるわけだ。

 

そもそもタワマンを立て直す費用を各戸で負担できる管理組合があるのだろうか?

ましてや壊すにしても今後住まないマンションのためにいくら払えるというのだろうか?

 

タワマンを壊すだけでも相当な金額になる事が想像できる。

それでもあなたはタワマンを購入するのか?

 

もう一度言おう。

タワマンで後悔しないようにしてほしい。

 

浜岡原発を運転を再開する日

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.