時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

2020年のG20

更新日:

スポンサードリンク



 

国際的な経済連携はいろいろある。

もっとも上位に位置するのはG7(ジーセブン)」だ。

 

「主要国首脳会議」と呼ばれフランス、アメリカ合衆国、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダとEUが一同に会して持ち回りでサミットを開催している。

日本はスタートからの参加国でありアジアで唯一の参加国である事は誇らしい気持ちにさせてくれる。

 

ところでこのG7の参加国がGDPランキング上位かといえば少々疑問だ。

これは1975年にフランスのヴァレリー・ジスカール・デスタン大統領が初めて会議を招集した当時の数字がベースになっている。

 

なぜワイドショーの内容は皆同じなのか?

 

ちなみにGDPとは何なのか?

GDPとは国内の生産活動による商品・サービスの産出額から原材料など中間投入額を控除した付加価値の総額とされている。

 

簡単にいえば「粗利」のことである。

2017年の名目GDPランキングの一覧である。

 

単位は「10億USドル」。

 

1位 アメリカ  19,390

2位 中国    12,000

3位 日本    4,872

4位 ドイツ   3,684

5位 イギリス  2,624

 

6位 インド   2,611

7位 フランス  2,583

8位 ブラジル  2,054

9位 イタリア  1,937

10位 カナダ  1,652

 

スポンサードリンク



 

11位 韓国   1,538

12位 ロシア  1,527

13位 オーストラリア 1,379

14位 スペイン 1,313

15位 メキシコ 1,149

 

16位 インドネシア 1,015

17位 トルコ  849

18位 オランダ 825

19位 サウジアラビア 683

20位 スイス 678

 

となる。

 

よく話題になるのが中国のGDPだ。

あくまでも「名目」なので数値の偽装は否めないだろう。

 

このランキングを見る限り現在のG7参加国には厳しいお国もあるようだ。

イギリスはかつて植民地支配していたインドに肉薄されている。

 

 

参加国が衰退したというよりも振興国が成長したというのが現実だろう。

G7の括りをさらに拡大したのが「G20(ジートゥエンティ)」だ。

 

今年、大阪で開催されているので記憶のある方も多いだろう。

G7のメンバーの他に、ロシア、中国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカ、オーストラリア、韓国、インドネシア、サウジアラビア、トルコ、アルゼンチンおよびIMF、世界銀行、国際エネルギー機関、欧州中央銀が参加国となる。

 

さて来年2020年のG20はどこで開催されるかご存じだろうか?

2020年のG20はアラブ諸国初のサウジアラビアで開催される。

 

サウジアラビアといえば先日、石油施設が攻撃されたばかりだ。

世界の首脳が集まる場所にしては少々不安が残る。

 

2020年のG20は無事開催されるのだろうか?

 

韓国の失業率の嘘

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.