時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

浜岡原発が運転再開する日

更新日:

スポンサードリンク



 

ヤフーの地図で静岡県の御前崎を探していく。

伊豆半島に向かって突き出た角の突端に御前崎がでてくる。

 

御前崎と伊豆半島の南端がほぼ同じ緯度だという事を再発見した。

たまに地図を見るのも悪くないと思う。

 

再発見といえば御前崎がある自治体が「御前崎市」になっていた事も再発見である。

平成の大合併により2004年に榛原郡御前崎町と小笠郡浜岡町が合併して「御前崎市」になっていたのだ。

 

25年後に人口が増えている都市がある

 

さて本日の目的地はこの旧の浜岡町にある世界一危険と言われる浜岡原発である。

現在は運転をしていないが、廃炉の予定もない。

 

この浜岡原発が世界でもっとも危険な原子力発電所と言われている理由それはその立地にある。

そもそも静岡県は以前から東海地震の危険性が叫ばれて久しい。

 

最近ではより広範囲に渡る「東南海地震」、「南海地震」との連動も不安視されている。

さすがに東日本大震災の状況を考慮して2011年から運転を停止している状況だ。

 

そこでこの原発は廃炉に向かうのかと思っていたら津波を防止する防波堤の高さを議論を始めた。

つまりは国としては将来的にこの原発の再開ありきで話を進めている。

 

ここに原発問題の本質がある。

要は一度計画が動きだすとまず止まれない。

 

スポンサードリンク



 

国策として原発を推進するために多額の投資をしているからだ。

そして浜岡原発を廃炉にできない理由がもうひとつある。

 

一説には浜岡原発は大量の電力を必要とする中央リニア新幹線の電力供給のために作られたという。

そうなると品川-名古屋間が開業する2027年までに浜岡原発が運転再開する日が訪れることになる。

 

中央リニア新幹線も国策のようなものだ。

2027年の数年前には運転再開をするだろう。

 

 

実は北半球においては大都市の南西には原発を作らないという暗黙の了解がある。

偏西風が吹いているため、事故の際には北東にある大都市に被害がでる事を避けるためだ。

 

大都市とはもちろん「首都東京」のことだ。

一説には浜岡原発でメルトダウンによる放射能漏れ事故が発生した場合東京で200万人の死者がでるとの予測もある。

 

問題は実被害もさることながら世界一のGDPを有する東京都市圏が経済的に崩壊してしまう事だ。

東京の没落は日本全体の没落でもある。

 

自分はいたずらに原発を否定する気はない。

ただ中央リニア新幹線が完成に近づけば浜岡原発が運転再開する日も近づく可能性がある事だけは覚えておいて欲しい。

 

北陸新幹線小浜・京都ルートとは

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.