時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

韓国のパクリお菓子

更新日:

スポンサードリンク



 

先日、韓国の裁判所が韓国のロボットアニメ「テコンV」が日本のアニメ「マジンガ―Z」の模倣でないという驚くべき司法判断をした。

この裁判は以前から日本でも話題になっておりそもそも韓国国民自体が模倣と認めていたので大きな話題になっている。

 

実をいうと韓国ではこの手を模倣は日常茶飯事化しているが国家がそれを認めようしないから厄介だ。

模倣といえば聞こえは良いが韓国特有のいわゆる「パクリ文化」といわれるものだ。

 

アニメ繋がりでいえば子供達が大好きな「ドラえもん」は劣化コピーされて「トンチャモン」というアニメが韓国に存在している。

「ドラえもん」が世界的に有名になっている現在でも韓国国内では「トンチャモン」が商品として成立しているというから驚く。

 

なぜワイドショーの内容は皆同じなのか?

 

この背景には1980年から1990年代まで韓国国内で日本の大衆文化が禁止されていた事も関係している。

またテレビ関係者の中では「番組ネタに困ったら釜山に行け」という言葉があるらしい。

 

釜山に行けば日本のテレビ番組を見ることができる。

つまり日本のテレビ番組をパクッた番組を作る事ができるという意味のようだ。

 

日本テレビの「クイズ世界はSHOW by ショーバイ」そして「行列のできる法律相談所」などがパクられている事は有名だ。

 

スポンサードリンク



 

そしてもっとも厄介なのが韓国のパクリお菓子だ。

ネット上にもかなり情報がアップされている。

 

興味のある方は「韓国のパクリお菓子」でググって欲しい。

森永製菓の「ハイチュウ」が「マイチュウ」。

 

同じく森永製菓の「おっとっと」が「くじらごはん」になっている。

こちらはネーミングよりはパッケージ、商品イメージが完全にコピーされている。

 

福岡の銘菓である「ひよ子」はなんと「ひよこ」として売られている。

カルビーの「かっぱえびせん」はパッケージおよび商品イメージも完全にコピーされている。

 

日本のカルビーが韓国向けに輸出しているとしか思えない仕上がりだ。

この「パクリ文化」は韓国のみならずお隣の中国も専売特許だ。

 

 

日本や世界中の企業が必死になって商品開発をしている。

その美味しい所だけを搾取するのはあまりにも醜い。

 

ちなみにアメリカと中国の貿易戦争も「知的財産権の侵害」が大きな争点になっている。

これ以上アメリカも見過ごす事ができなくなっているのだ。

 

日本側も韓国のパクリをWTOに提訴しても良いのではないだろうか?

今回ばかりは日本側も堪忍袋の緒が切れている。

 

LINEが危険な理由

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.