時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

IT

CCとBCCの使い方

更新日:

スポンサードリンク



 

タイトルを見て何のことだかわからない方は少々パソコンの勉強不足だ。

PCメールを日常的に利用なさっている方ならこれは比較的なじみのあるアルファベットだろう。

 

子供の頃に学校でうたれた結核の予防接種の事かと思った方はもっと注意深く見るべきだ。

「BCG」ではなくて「BCC」だ。

 

LINEが危険な理由

 

この二つのアルファベットはパソコンやスマホでメールを送る際に良く目にしているはずだ。

「CC」とは「carbon copy(カーボンコピー)」の略語になる。

 

「カーボンコピー」とは昔良く使ったカーボン紙で複写された文面を表わす。

例えばAの人にメールを送る際に、Bの人もその内容を知っておいた方が良い時は「CC」にBの人のメールアドレスを入れて送信ができるというものだ。

 

ここで重要なのが主たる受けとり人はAの人という事だ。

この「CC」はビジネスの場で多用されている。

 

営業担当者がお客様にメールを送る時に、自分の上司にも情報を共有化させるためなどに使われている。

先方のお客様はメールを受け取った際に、先方の上司にもメールが一緒に送られている事を把握することができる。

 

ここが重要なポイントだ。

 

スポンサードリンク



 

「BCC」は「blind carbon copy(ブラインドカーボンコピー)」の略になる。

「blind」とは「見えない」という意味だ。

 

先ほどのメールのやりとりで説明すると今度は営業担当者が自分の上司のメールアドレスを「BCC」に入れて送信したとしよう。

今度はお客様は上司に報告されている事がわからないというわけだ。

 

そうこのCCとBCCの使い方によってビジネスが大きく変わってくる。

このあたりのさじ加減が上手な人が出世するのかもしれない。

 

 

さてビジネスとは関係のないシニアの皆さんもCCとBCCの使い方には注意が必要だ。

例えばシニア間のグループ情報を一斉配信する際には「CC」も「BCC」も使わない方が良いだろう。

 

なぜあの人が通常配信で私は「CC」なのかといった揉め事の火種になりそうだからだ。

メールは非常に便利なツールだが使い方を誤ると人間関係にひびが入ることもある。

 

メールの文字には「温度」がないと言われている。

だから相手が怒っているのか笑っているかもわからない。

 

つまるところメールは情報を伝達する道具でしかないのだ。

それを上手に使いこなせるか人間の知恵が試されていると思った方が良いだろう。

 

プリントスクリーンの使い方

スポンサードリンク



 

-IT

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.