時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

IT

IOT家電とは

投稿日:

スポンサードリンク



 

最近、テレビや雑誌などで「Iot(アイオーティー」という言葉を目にした事はないだろうか?

シニアの方にはが自分には無関係と思われ興味も持てないと思われるかもしれない。

 

実はこの「Iot(アイオーティー」なるものが今後の生活をする上で非常に重要なキーワードなりそうなのだ。

今回は簡単な言葉でこの「Iot」なる言葉の説明したいと思う。

 

「Iot」とは「Internet of Things」の略語となる。

直訳すると「物のインターネット」と事になる。

 

今までのインターネットは人の意思により人と繋がるための道具だった。

これを「物と物」を対象にしてインターネットで接続しようとするものだ。

 

「物にインターネットができるの?」という疑問がでてくるかもしれない。

でもご存じの通り巷では「AI(人口知能)」という言葉が一般化している。

 

LINEが危険な理由

 

物と物がインターネットにより接続できる環境さえ作ってしまえばさして難しい事ではないのだろう。

今後商品化が進むのは家庭に必ずある「家電」だ。

 

つまり「Iot」の主戦場となるのは「家電」になる。

IOT家電とはセンサーや通信機能を利用して物と物が繋がり対象物を管理したり、データを集めることになる。

 

スポンサードリンク



 

この分野で先行しているのがペット用家電だ。

スマホを利用して外部から自宅のペットを画像で確認する。

 

また一定量の餌を外部からのコントロールであげる事もできる。

またセキュリティー対策もIOT家電の主力商品になりそうだ。

 

このあたりの実用性のある家電から広がっていくのだろう。

ちなみに家電ではないが建設機械のコマツ製作所は世界中で動く自社ユーザー建設機械にセンサーを内臓させてその動向を管理しているそうだ。

 

世界のどこでに工事が集中しているかも把握ができる。

また盗難にあってもその場所の把握ができる。

 

メーカーがここまでする時代になったのかもしれない。

そういえば知らない間に自動車の自動運転もかなり当たり前になっている。

 

 

IOTの進化のスピードに驚くよりも我々の頭を柔軟にしておくほうが重要にも思えてきた。

このサイトのコンセプトは「時代についていくのではなく時代を追いかける」だ。

 

とにかく新しいものには馴れるしかないのだ。

「IOT家電はお持ちですか?」と聞かれたら「IOT家電の中で暮らしています」というぐらいになりたいものだ。

 

プリントスクリーンの使い方

スポンサードリンク



 

-IT

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.