時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済 未分類

ライダイハンに海外の反応

投稿日:

スポンサードリンク



 

日本と韓国の関係は現在、最悪の状態だ。

WTOに韓国が今回のホワイト国除外を「日本側の輸出規制」として議題にのせたが第三国の意見もでず基本的には空振りに終わったようだ。

 

韓国側はWTOに提訴するとしているが結果が出るまでに数年を要する。

果たして韓国経済がそこまで保てるかも怪しくなってきている。

 

そもそも隣国と仲の良い国は無いといわれているが、日本と韓国の関係は対外的に見てもかなり異常だと思われる。

日本と韓国の間には竹島や慰安婦問題などの火種がもともとあった。

 

しかし日本と韓国の関係が決定的な契機になったのは昨年10月に韓国の大法院が下した徴用工に関する判決だろう。

韓国大法院は新日鉄住金に対して原告一人あたり1億ウォン(約1000万円)の損害賠償の判決を下した。

 

この件に関しては1965年に結ばれた日韓請求権協定によりすべて解決済の話だ。

日本はこの協定にそって無償3億ドル、有償2億ドルの補償をしている。

 

この金額は当時の韓国の国家予算の二倍以上にも及ぶ。

ゴールを動かしてくるのはは韓国の常套手段でもある。

 

その後、韓国軍駆逐艦による日本の哨戒機に対するレーダー照射問題もありさすがの日本も堪忍袋の緒が切れた形になった。

 

スポンサードリンク



 

ホワイト国除外は輸出国である日本の正当なまた誠実な対応だと評価したい。

しかし韓国側が慰安婦問題を海外に発信する度に憤慨している事がある。

 

それは「ライダイハン」の事実である。

「ライダイハン」とはベトナム戦争時に韓国兵がベトナム人女性に生ませた子供のことだ。

 

アメリカ軍とベトナムと戦っていた韓国兵はベトナム人女性への「強姦」が繰り返していた。

ベトナム戦争終結後、残された混血児は約3,000人以上(一説には2~3万人)いるとされている。

 

 

彼らはライダイハンと呼ばれベトナムで差別の対象になってる。

「ライ」はベトナム語で「混血」を意味し「ダイハン」とは「大韓」を表わす。

 

この事実は韓国内でマスコミが扱うことはタブーとされている。

また韓国政府自体もこの事実には一切触れようとしない。

 

しかしこのライダイハンに海外が反応し始めている。

イギリスのガーディアン紙がこの事実を告発している。

 

韓国は自分達のしてきた事を棚に上げていつも日本の被害者である事を主張する。

今回のホワイト国除外も同じである。

 

韓国が思っている以上に世界は冷静に韓国の行動を見ているのだ。

 

スポンサードリンク



 

-政治・経済, 未分類

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.