時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

副流煙の妊婦への影響

更新日:

スポンサードリンク



 

昨年の10月からセブンスターが一箱500円に値上げされたのは記憶に新しいところだ。

煙草20本でワンコインかと思うと時代の流れを痛感する。

 

自分が煙草を吸い始めたのは学生からで30歳を前に早めに煙草と縁を切ることができた。

当時好んで吸っていたハイライトが確か150円。

 

セブンスターでも180円の時代だ。

その頃から考えると価格が三倍に跳ね上がっていることになる。

 

ただ一箱ワンコインになっていったいどれだけの喫煙者が煙草を止めたか?

ほぼ喫煙者は変わっていないような気がする。

 

下げたいガンマーGTP

 

この逆風のもと煙草を吸い続けている方々はかなり頑固だ。

たぶんもう一桁増えない限り煙草を捨てる事はしないだろう。

 

勤めていた頃は取引先とテーブルにつくやいなや煙草に火をつける。

煙草はビジネスの小道具になっているのでほぼ条件反射で咥えてしまうのだ。

 

夕方頃には煙草の香りも味もあったものではない。

最後に残るのは不快感と吐き気だけだ。

 

それだけ不快な思いをしながら喫煙者は煙草のデメリットと向かい合っていかなくてはならない。

煙草を吸うという事は「癌」、「脳卒中」、「心筋梗塞」、「動脈硬化」、「高血圧」、「糖尿病」などの疾患のリスクを背負っていくことになる。

 

スポンサードリンク



 

それも自分だけなら良いが、奥さんや恋人などパートナーにもそのリスクを広げることになる。

特に副流煙の妊婦への影響が心配だ。

 

夫の煙草の受動喫煙により流産や早産の心配が報告されている。

奥さんが妊娠されている方は自宅での喫煙は控えたほうが良いかもしれない。

 

 

そしてもう一点、喫煙者が向い合う必要があるのが「口元の臭い」だ。

喫煙している方はまずわからないと思うが、とにかく喫煙者のそばに行くと臭い。

 

まさに公害だ。

煙草を止めてから数十年経った自分でも喫煙者の近くによると吐き気がしてくる。

 

そんな事はないと言う喫煙者の方は非喫煙者の家族や友人に聞いてみると良い。

たぶん皆さんの答えは同じだ。

 

「臭いけど我慢していた」という事だ。

そう煙草はその臭いによって住宅や車の価値さえも落してしまう。

 

煙草は本人だけではなく周囲の人や物にも迷惑をかけている。

「百害あって一利なし」と言われる続けてもなお喫煙をやめられない人は、もう一度冷静に禁煙と向き合ってみたらどうだろうか?

 

コンビニの飽和点

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.