時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

徳島市に地下鉄

更新日:

スポンサードリンク



 

一般的に地下鉄敷設の条件としてその都市の人口規模が100万人と言われている。

100万の人口がいないと地下鉄という高額な投資に見合う収入が得られないという事だ。

 

だから日本の地下鉄がある都市で一番人口が少ないと思われる仙台市でも人口はおよそ108万人もいる。(千葉県の船橋市には東京メトロ東西線が走っているがこちらはあくまでも東京都の地下鉄なので船橋市はカウントしない)

だから100万人を割る様な都市はモノレールで対応する事になる。

 

千葉市や北九州市などがそうだ。

ところで地方の都市の地図を見ているとついつい地下鉄計画を立てたくなる。

 

長崎新幹線の憂鬱

 

人口が100万にも満たない都市でも仮想で敷設してみるのは楽しい。

ということで今回食指が動いたのは徳島県の徳島市だ。

 

日本の大都市は近隣の空港にアクセスする鉄道が整っている。

地方都市でも仙台市や宮崎市などは特急路線を新設までしている。

 

ところが大方の地方空港は路線バスやタクシーに頼っているのが現状だ。

もちろん就航数から考えても鉄道を新設しても採算が合わない。

 

徳島県の「徳島阿波おどり空港」も御多分にもれず徳島市内から遠い。

むしろ大塚製薬の企業城下町である鳴門市を意識したような位置にも思える。

 

という事で今回はこの不便な「徳島阿波おどり空港」から徳島市内に至る地下鉄ルートを考えてみた。

起点は「徳島阿波おどり空港」で終点は「沖浜」になる。

 

スポンサードリンク



 

徳島阿波おどり空港

松重町

大塚製薬徳島工場前

鈴江

徳島市民病院前

徳島大学

徳島中央公園

徳島駅

新町橋二丁目

かちどき橋・徳島県庁前

沖浜

というルートになる。

 

コンパクトにまとめたつもりだが地元の方のご意見はいかがだろうか?

「徳島阿波おどり空港」から「徳島市民病院前」までは現実的に考えて地下鉄ではなく地上の高架線になるだろう。

 

国道11号を南下して徳島中央公園の下を徳島駅まで斜めにショートカットをさせる。

公共の施設下なら用地買収も容易にできそうだ。

 

 

また都合良く徳島駅は徳島中央公園に隣接している。

このあたりのルート取りは納得のいくところだろう。

 

それにしても徳島市には川が多い。

改めて地図を見た時の印象だ。

 

街の中心部はまさに三角州の上にできている。

この地下鉄があればこの水郷の街を巡ることもできるだろう。

 

ただこの計画はあくまでも自分の独断と偏見による仮想地下鉄だ。

実現する可能性はかなり低いと思われる。

 

柏市に地下鉄

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.