時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

男性の頻尿対策

投稿日:

スポンサードリンク



 

自分は深夜のトイレが日課になっている。

周囲の友人と比べても自分はかなりの頻尿の方だと思う。

 

日本泌尿器科学会では「尿が近い、尿の回数が多い」が「頻尿」として定義されている。

具体的な回数については個人差もあるので非常に難しい様だが概ね一日8回以上を「頻尿」という様だ。

 

自分は深夜から数えていけば午前中軽く8回は超えているだろう。

自分はかなり重症の「頻尿」かもしれない。

 

男性の場合、「前立腺の肥大」なども関係しているようだ。

男性というか自分の頻尿対策はある程度自覚している。

 

水分摂取量が多すぎるのだろう。

特に夜はアルコールも絡んでくる。

 

朝から利尿効果が強いとされるコーヒーを4杯は飲んでいるだろう。

多少、夏になってきてその杯数は半分になったかもしれないがとにかくコーヒーが好きだ。

 

そして夕刻から始まる一人の宴では焼酎の炭酸割を習慣になっている。

さして強くもないのに若い頃か酒が大好きだった。

 

ウイスキーや日本酒に凝った時期もあったがちょっと飲みすぎると二日酔いに悩まされる。

結局、酔いざめ良さから最終的に焼酎に落ち着いたというわけだ。

 

時を同じくして廉価な「炭酸水」が出始めてた。

甘くない焼酎の炭酸割。

 

それが自分にとっても一番体に合うお酒に落ち着いた。

 

スポンサードリンク



 

さてここで頻尿の要因となるのは間違いなくその焼酎の炭酸割だろう。

特に夏場はこの炭酸割が最高なのだが焼酎の炭酸割も30分もすると尿意をもよおしてくる。

 

よくビールを100飲むと110の尿が出ると言われる。

この焼酎の炭酸割も間違いなく100飲んで110の尿を出しているだろう。

 

 

結局は体が急激な脱水症状に陥っている。

そして深夜になると頻尿が始まる。

 

皆さんは就寝中に何回トイレに起きているだろうか?

自分は1時台に一回、そして4時台の二回だ。

 

ただ4時台の二回目に起こされると眠れないなくなる場合が非常に多い。

結局起きてしまう。

 

老人が早起きになるのはこういう仕組みなのだろう。

とくに夏場の4時台は想像以上に明るい。

 

テレビをつけてパソコンを起動させる。

頻尿が作りだしてくれた時間を無駄にするわけにはいかない。

 

ところが起きぬけの口がコーヒーを欲している。

台所に行ってコーヒーメーカーをセットする。

 

コトコトと響く音にコーヒーの優雅な香りが漂う。

まさに至福のひととき。

 

こうしてまた頻尿の一日が始まるのだ。

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.