時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

気になる中性脂肪の数値

更新日:

スポンサードリンク



 

健康診断の季節になった。

酒飲みの自分としては気になるのが「γ-GTP」の数値だがここ数年、医師から「中性脂肪」の数値も指摘されている。

 

「中性脂肪」の基準値は30~149mg/dLとされているが大幅に数字が膨れ上がっていた。

病気を患いながら長生きするのは本望ではない。

 

今後は「中性脂肪」と向き合って暮らしていく必要がある。

「中性脂肪」をほっておくと「動脈硬化」という恐ろしい病気が待っている。

 

心臓にしろ脳にしろ血液関係の病気になると仮に治ったとしても後々に後遺症を残すことになるのは周知の事実だろう。

という事でその対策を立てないといけない。

 

その気になる中性脂肪の数値を下げるには食生活の改善と適度な運動だ。

ところが食生活の改善には二つの辛いことがある。

 

ひとつは糖質の過剰摂取を控えるために炭水化物を減らすこと。

そしてアルコールを控えることだ。

 

甘いお菓子を減らす事はそんなに大変な事ではないが、ご飯を控える事は非常に辛い事だ。

自分は朝食は「ご飯」と決めている。

 

ご飯と納豆と味噌汁を食わないとその日が調子が出ない様に思われる。

そしてアルコールの減量もかなりこたえる。

 

そもそも毎日頑張っているのはその日の夜のあの一杯があるからだ。

 

スポンサードリンク



 

とはいえ人生はまだこれからも長い。

まずはすぐに出来そうな適度な運動から始めようと思う。

 

そこでネットで調べて見つけたのが「スロースクワット」というものだ。

「スクワット」と聞くとよくプロレスラーがトレーニングに取り入れているイメージがある。

 

単純な運動だが回数によってはかなりハードなトレーニングである。

「スロースクワット」はそこまでハードではないが、中性脂肪減らす効果が期待できるらしい。

 

 

足を肩幅に広げて腕は胸の前で組む。

ゆっくりスクワットをしていくのだがこれが結構きつい。

 

自分は毎朝ウォーキングの前に1セット、昼間時間を見つけて数セットそして風呂の湯船に入る前に一セット行っている。

そして晩酌の肴にも一工夫。

 

最近話題になった「サバ缶」がコンビニにリーズナブルな価格で売っている。

レンジでチンするだけの簡単な料理だが話題の必須脂肪酸である「EPA(エイコサペンタエン酸)」も摂取する事ができる。

 

酒のみの人はこの「スロースクワット」と肴に「サバ缶」を食べるだけでも多少の対策にはなりそうだ。

ぜひ実践してみて欲しい。

 

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.