時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

バツイチ子持ち再婚の末路

投稿日:

スポンサードリンク



 

子供のたくさんいる夫婦は子供が幼い頃のかわいさが忘れられないという。

だから次々に子供を作ってしまうというのだ。

 

自分は自分の子供が出来るまでこの意味が理解できなかった。

でも不思議なもので自分の子供が生まれるとその謎は解けた。

 

子供は生まれてから何もしていなくても「親孝行」をしているとも言われる。

確かに疲れて仕事から帰ってきても子供の寝顔で癒される事は多かった。

 

また「子はかすがい」という言葉もある。

ここでいう「かすがい」とは「宝物」的な意味あいではない。

 

漢字も「春日井」の事ではない。

「かすがい」とは「鎹(かすがい)」の事を言っている。

 

「鎹(かすがい)」とは材木と材木とを連結させるために打つ両端の曲がっている釘のことだ。

つまり子供の存在により夫婦の絆が保たれているという事を表わしているのだ。

 

結局、子供は夫婦にとって大切な存在であることは事実だ。

ところでこの夫婦の愛の結晶であるはずの子供に手をかける親が最近、増えている。

 

親による子供の虐待死の報道が連日報道されている。

児童相談所への風当たりも強い様だがこの手の事件の要因は大方の人が理解しているだろう。

 

まれに例外もあるかもしれないが世の中の父親で我が子に手をかける人間はまずいない。

 

スポンサードリンク



 

この手の事件の主犯は往々にしてバツイチ子持ち女性の再婚相手の男性になる。

悲しいかな再婚した実の母親さえも再婚相手に手を貸して虐待に加担してしまう。

 

一番愛していた母親から虐待を受けることになる子供の気持ちを思うとやるせない。

誤解をされるといけない。

 

自分は血がつながっていないから虐待をしても良いのだという話をしているわけのではない。

とかくバツイチ子持ち再婚の女性にはこの手の末路に入り混みやすい。

 

もちろん血のつながりがなくても奥さんの子供を自分の子供以上に愛している男性もいるだろう。

ただこの手のニュースの内容は大方の人の予想を裏切らない。

 

現在、日本の離婚率はおよそ35%にも及ぶという。

まさに3組に1組は離婚という運命を辿っている。

 

 

ところが一回失敗しているはずなのに何故かまた相手を選び間違える。

この状況をみると昔ある人に言われた言葉が蘇る。

 

「離婚・再婚と転職は似ている。再婚相手(転職先)が現状より良くなる可能性が低い」というものだ。

とかく隣の芝生は青く見えるものだ。

 

子供を不幸にしないためにも唐突な離婚だけは避けたいものだ。

 

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.