時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

ワイドショーは偏向報道の巣窟

投稿日:

スポンサードリンク



 

午前中のテレビ番組といえばワイドショーのオンパレードだ。

某お笑い芸人と某女優の結婚話に始まり、最近問題になっている高齢者の交通事故など視聴者が興味を持ちそうな話題を切り口に番組を構成している。

 

興味がない内容なので他局にチャンネルを変えると今しがた見ていたチャンネルで行われていた内容が再び放送されている。

それも内容はかなり似ている。

 

この時間帯にテレビを見ている人といえば専業主婦か高齢者だろう。

いくらターゲットが確立されているからといってあまりにも似すぎていないだろうか?

 

それもそのはずだ。

なぜなら制作会社が皆同じだからだ。

 

テレビの番組は各キー局がすべての番組を直接制作していない。

外注に丸投げして場合も多々ある。

 

特にこの手のワイドショー番組を一手に引き受けて制作している下請け会社が存在するというわけだ。

つまり視聴率が稼げないこの時間帯はとにかく経費を押さえる事ができて、なおかつ万人受けするネタを扱うワイドショーが重宝するというわけだ。

 

そもそもそんなワイドショーなんて必要なのかと思ってしまう。

いっそのこと午前中の数時間、午後の数時間はテレビをお休みにしても良いのではないだろうか?

 

スポンサードリンク



 

さてそのワイドショーを一手に引き受けている制作会社が「泉放送制作」という会社だ。

TBSのプロデューサーだった泉久次氏が立ち上げた会社だがその制作番組リストを見ると驚くというか恐ろしくなる。

 

TBSの「ビビット」と「ひるおび」。

フジテレビの「とくダネ」と「ノンストップ」さらに「グッデイ」。

 

そしてテレビ朝日の「モーニングショー」。

東京キー局のワイドショーを軒並み押さえている。

 

これでは確かに内容が似るのは不思議ではない。

ただ制作会社が一社に集中することはやはり恐ろしいことだ。

 

 

つまり偏向報道などの「情報操作」が可能になるということだ。

ちなみにこの泉放送制作が制作している番組に日曜日朝のTBS「サンデーモーニング」がある。

 

皆さんも一度や二度はご覧になったことがあるだろう。

自分はこの番組が好きではない。

 

何故なら非常に半島寄りの内容だからだ。

韓国の徴用工問題や慰安婦問題への視点がどう見てもおかしいと思った方は多いと思う。

 

明らかに公共の電波を利用して偏向報道が行われている。

番組内容にイデオロギーを持ちこむことがあればそれは戦時中の「玉砕」報道になどに通ずる情報操作である。

 

そうワイドショーは偏向報道の巣窟なのだ。

この「泉放送制作」が制作する番組についてはその内容を鵜呑みにしない方がよいだろう。

 

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.