時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

五里霧中の日産

投稿日:

スポンサードリンク



 

昨日、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズフランス)がルノーとの統合提案を取り下げる旨の発表した。

ルノー側が日産、三菱連合が否定的な意見を出したことによる対応だ。

 

ただこの取り下げはルノー側に有利に動くことが予想される。

ギブアンドテイクで考えばルノー側が日産、三菱連合の意見を尊重したのだから今度はルノーの言い分を聞いてくれということだ。

 

ここでいうルノーの言い分とはもちろんルノー、日産、三菱自動車の経営統合だ。

今回はFCAの統合提案はどちらに転んでもルノー側に有利に動く。

 

とにかくフランスが必死になって国家レベルで日産を取りにかかっている。

一説にはフランスのバックにいるのは中国という話もある。

 

どちらにしても日産は日本の宝だ。

死守しなければいけない。

 

が何分にもルノーの日産に対する出資比率の43%が痛い。

ネット上には日産の増資に関する意見が多い。

 

ところが日産の一存で増資する事ができないのだ。

ルノーが自分が不利になる条件を認めるわけもない。

 

それ以前に仮に増資してもルノー側がさらに購入すればもともこもない。

まさに今の日産は五里霧中だ。

 

どうにもこうにも動きが取れない。

 

スポンサードリンク



 

ひとつ手があるとすれば日産がルノー株を買い増しする事だが親会社の株を簡単に取得するのは難しいだろう。

カルロスゴーンの言いなりだったと思うが日産はルノーを出資比率43%の筆頭株主にさせてしまった事が悔やまれる。

 

時を同じくしてそのカルロスゴーンに関するニュースも入ってきた。

フランスのブリュノ・ルメール経済・財務相がルノーの1100万ユーロ(約13億円)の不正支出疑惑に絡み、カルロスゴーン被告を告訴するというものだ。

 

 

やっとフランス司法も動いたかと鵜呑みにしてはいけない。

こちらは日本で収監されているカルロスゴーンをフランスに移動させるために動いていると見るほうが正解だろう。

 

フランスは国家ぐるみで日本の宝である日産を奪おうとしている。

その立役者であるカルロスゴーンをフランス政府が無碍にするわけない。

 

結局裁判では曖昧な判決が下り結局無罪放免になるのが目に見えている。

とにかくカルロスゴーンを日本から出してはいけない。

 

しかしここまでなりふり構わぬフランス見ていると経済状況はどん底なんだろう。

ドイツとフランスが中国の影響下にある事も心配だ。

 

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.