時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

ロトくじの数字に法則はあるのか?

投稿日:

スポンサードリンク



 

このタイトルには語弊がある。

厳密には「ロトくじの当たり数字に法則はあるのか?」というほうがニュアンスが伝わり易いだろう。

 

もともと自分は一般的な宝くじは滅多にというかほとんど買わない。

結論から言うと当たらないからである。

 

でもこのロトくじには何か当たりそうな気がしてついつい購入してしまう。

結果としては当たらないのだが。

 

ちなみに自分が一番好きなのは「ロト6」だ。

1から43までの中から6個の数字を選ぶというものだ。

 

一等の当選確率は1/6,096,454。

天文学的な数字ではないにしろ簡単に当たるというものでもないだろう。

 

ちなみにこの当選確率の計算方法に触れておこう。

皆さんも小学校の時、習った計算を思い出してほしい。

 

一つ目の数字は43の中から選ばれる確率は6/43ゆえにそこからひとつずつ減っていくことを想定すると
6/43X5/42X4/41X3/40X2/39X1/38で1/6,096,454
という数字が導かれるというわけだ。

 

さてこの記事のタイトルに話題を戻そう。

ロトくじの当たり数字には法則的がものがあるのか?

 

実をいうと無いわけでもないのだ。

といのも過去のデータを読み解くと43個の数字が均等に出現していないからだ。

 

スポンサードリンク



 

数字によっては十数回出現しているものあれば、僅か2回という数字もある。

ここがこのくじの面白いところでもある。

 

人によっては出現率の高い数字ばかりを選ぶ者もいる。

逆に出現率の低い数字ばかりを選ぶ人もいる。

 

また自分の誕生日やラッキーナンバーで数字の組み合わせを作る人もいる。

ある意味、一般的な宝くじよりギャンブル性が高い面もあるかもしれない。

 

 

自分はどちらかというと独自に法則性を見出して可能性がある数字を探すタイプだ。

結論からいうと毎度当たっていないのだが週二回の抽選日は朝からワクワクしている。

 

人間はいくつになっても夢が必要だ。

興味のある方は自己責任において挑戦してみてほしい。

 

ちなみに一口なら僅か200円だ。

昔の営業文句でいえば僅か缶コーヒー2本分だ。

 

皆さんも夢を買ってみてはいかがだろうか?

数字選択タイプのこの他にも「ナンバーズ」や「ミニロト」、「ロト7」があるが自分的にはこの当選金額や当選確率から「ロト6」が一番好きなくじだ。

 

なお購入はマークシート方式になっている。

事前に購入方法がのっているホームページを調べて行くと良いだろう。

 

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.