時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

IT

シニアのためのアフィリエイト講座4

更新日:

スポンサードリンク



 

アフィリエイトをするには「HTML」の知識が最低限必要な事は前回お話しした。

基本的には「HTML」の知識がなくてもアフィリエイトタグを自身のブログに貼りつけることは可能だが、問題はアフィリエイト広告を差し替えたりする際に最低限の「HTML」の知識がないと作業ができないという事だけ覚えておいてほしい。

 

さて今回からブログサービスへの申込みとなるのだが、問題はそのブログサービスの選定だ。

基本的に「アフィエイトOK」のブログサービスは少ない。

 

何故ならブログ本来の目的から離れて広告活動に専念される人が増えてしまうからだ。

本来ブログとは「Web log」から来ており「ウェブ上の記録」つまり「日記」でありその日記を通してネット上でいろいろな人々と交流を深めようとするものだ。

 

この交流の中で一部の人が広告のために記事をアップする事はやはり本来の意図から外れてしまう事はいなめない。

現在、人気No1のアメブロ(サイバーエージェントが提供するブログサービスで正式名称はアメーバブログ)がある。

 

アメブロでは最近アフィリエイトが容認に方向になったが現実的には記事と関係ないアフィリエイトは禁止されている。

 

スポンサードリンク



 

例えば「美顔器」を購入してその効果を記事にしているブロガーがいるとする。

その「美顔器」の効果が自身で実感しておりブログを通じて紹介したいとする趣旨のアフィリエイトは問題がない。

 

ところが購入もせずにただ広告を羅列するアフィエイトは容認されないというわけだ。

ちなみに悪質な場合には突然、記事が消えてしまうこともある。

 

という事で条件無でアフィエイトを容認しているブログサービスを選択する必要がある。

さて自分的に「ライブドアブログ」や「はてなブログ」などの候補があるのだが、一番のお奨めは「シーサーブログ」だ。

 

 

こちらのブログはアフィリエイトはもちろんOK。

月間で1100万人の会員が利用している。

 

自分もこの「シーサーブログ」でアカウントを持っていてアフィリエイトをしているが比較的好き勝手にやっても咎められる事はないようだ。

さてADP(アフィリエイトサービスプロバイダー)に登録する前に無料ブログサービスに申しこんである程度の記事をアップする事が必要になる。

 

次回は無料ブログサービスの申し込について触れてみたいと思う。

 

シニアのためのアフィリエイト講座5

スポンサードリンク



 

-IT

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.