時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

上級国民は存在するのか?

更新日:

スポンサードリンク



 

池袋の傷ましい事故からはや一月が経とうとしている。

しかし未だに事故を起こした旧通産省の元役人は「元院長」という曖昧な肩書で新聞報道などされている。

 

この一件に関してはマスコミ側も逮捕されない限りは容疑者という呼び方はできないと自己防衛的なメッセージを出している事に違和感を感じるのは自分だけではないだろう。

この事故の後、全国で立て続けに交通事故が起きた。

 

ところが神戸市のバス運転手にしても、滋賀県大津市の保育園児事故の当事者のドライバーにしても即日逮捕になっている。

警察が逮捕しない理由として「逃亡や証拠隠滅の恐れがないため」としている。

 

それにしても警察の動きが遅くないだろうか?

当サイトではスキャンダラス的な内容に触れるのはあまり良しとしてないが今回は少々触れてみたい。

 

というのもマスコミが動かない分ネット上に良からぬ情報が出てしまっているからである。

この事故の当事者である元院長側の動きは非常に速かった。

 

まず自宅の電話番号を変更。

そして自分のFacebook、ツイッターのアカウントを削除している。

 

グーグルのストリートビューの自宅にモザイクをかける。

Wikipedia編集ページをロックする。

 

スポンサードリンク



 

そして経済産業省の勲章贈呈ページを削除している。

もちろん本人がその作業をしているのではなく周囲の人間がしているのだろう。

 

それにしても逮捕されていないとはいえ限りなく逮捕される可能性がある人間の行動としてこれで良いのだろうか?

自分のプライバシーを守る前にまず被害者に手を合わせるのが人間としての筋ではないのでろうか?

 

当初、自分は「上級国民」なる言葉がでてきた時にネットの世界は少々行き過ぎていると感じていた。

ところがここまで逮捕がなされないところを見るともしや「上級国民は存在するのか?」とも思い始めて来ている。

 

 

この元院長は警察の任意の操作に未だに「ブレーキを踏んだが利かなかった」といっているようだ。

でもメーカー立合いの警察の捜査でも車の異常性は認められていない。

 

そもそもブレーキに勝るアクセルなどメーカーが作るわけがない。

この元院長は自分の保身のために失われた尊い二人の命の前で永遠に嘘をつき続けるつもりなのか?

 

結果として彼の輝かしい人生を汚すことになると思うのだが。

 

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.