時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

なぜワイドショーの内容は皆同じなのか?

投稿日:

スポンサードリンク



 

平日たまたま自宅にいるとテレビでワイド―ショーが流れている。

芸能人の離婚騒動が話題になっていた。

 

正直興味のない自分は他局にチャンネルを変えるがこれまた同じ内容だ。

それにしても金太郎飴を輪切りにしたように各局が同じ内容の放送している。

 

そもそもこの時間にワイドショーを見ていられる人達は専業主婦か高齢者だろう。

いくら女性がターゲットとはいえ各局がこぞってやる内容かと思ってしまう。

 

さてそれはさておき皆さんはなぜワイドショーの内容は皆同じなのか疑問に思わないだろうか?

その答えはとても簡単だ。

 

実は同じ制作会社が作っているからだ。

テレビ番組というのは各局がすべての番組を直接制作しているわけではない。

 

外注に丸投げして対応する場合がある。

そこでこの手のワイドショー番組を一手に引き受けて制作している下請け会社が存在する。

 

「泉放送制作」という会社をググってみて欲しい。

TBSのプロデューサーだった泉久次氏が立ち上げた会社だがその制作番組リストを見て欲しい。

 

TBSの朝の「ビビット」と昼の「ひるおび」。

フジテレビの朝の「とくダネ」に「ノンストップ」さらに昼からの「グッデイ」。

 

そしてテレビ朝日の朝の「モーニングショー」まで手掛けている。

 

スポンサードリンク



 

東京キー局のワイドショーを軒並み押さえているのだ。

もう民放系列の垣根もない。

 

これは依頼するテレビ局側も経費削減の意味あいからも採用しているのであろう。

これでは番組内容が同じにならないわけがない。

 

ただワイドショーの芸能人ネタが同じレベルなら何も問題もない。

問題なのは情報が一社に偏った偏向報道が怖いのだ。

 

 

そう戦時中に使われた情報操作だ。

この泉放送制作が同じく制作している番組に日曜日朝TBSの「サンデーモーニング」がある。

 

皆さんも一度や二度はご覧になったことがあると思うが、この番組内容について違和感を覚えたことはないだろうか?

ずばり言おう。

 

明らかに半島寄りに偏向している。

先週の放送で元野球選手の張本功が日本のマスコミのタイガーウッズ報道に疑問を呈していた。

 

そこまでは理解できるがその後出てきた言葉に耳を疑った。

タイガーウッズの報道をするよりも韓国の女子プロゴルフの選手を話題にしろというのだ。

 

これにはネット上でもかなり騒動になっている。

何故日曜日の朝から半島寄りの情報操作をされなくてはいけないのか?

 

これはどうも番組制作側にかなりの意図を感じる。

番組制作側に半島の人間が多くいるような気がしてならない。

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.