時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

ナノ粒子で育毛してみる

投稿日:

スポンサードリンク



 

男子の一番の悩みは髪の毛ではないだろうか?

このところ自分も鏡の前の滞在時間が一段と長くなったように感じる。

 

同世代の友人と比べたら頑張ってきたつもりだったが自分も髪の毛が土俵際に押し込まれてきている。

かと言ってカツラという選択肢は自分にはない。

 

カツラを使っている人には申しわけないが自分はカツラを良しとしない。

確かに最近のカツラのクオリティーが上がっているのはわかる。

 

でもそもそも蒸れるしいくらクオリティーが高くてもやはりカツラはカツラで周囲の人には結局わかってしまうからだ。

しかし世界中の男性は可能な限り髪の毛とは長い友達でいたいはずだ。

 

ということで暇さえあれば育毛の事をネットで調べている。

実をいうと以前「AGA(男性型脱毛症)」のことを医師に相談したことがある。

 

その医師の説明によると高齢になると「AGA」で処方される「プロペシア」などの薬の効果は期待できないようだ。

またこの手の薬にはそれなりの副作用もある。

 

ということで「AGA(男性型脱毛症)」の興味は一気に無くなってしまった。

もちろんあくまでもこの先生の見解なので興味のある方は地元の医師に相談してみてほしい。

 

ただどちらにしてもこの歳になると育毛の飲み薬は少々ハードルが高くかんじる。

 

スポンサードリンク



 

という事もあって最近は従来の育毛剤へと興味が戻っている。

そんな自分がネット上でめぐり合えたのがホソカワミクロンの浸透型発毛促進剤の「ナノインパクト100」だ。

 

やはり何といっても「届かなければ意味がない」というキャッチコピーに引かれてしまった。

「ナノインパクト100」は毛穴の200万分の1のサイズで皮脂を突き抜けで浸透する。

 

 

実は自分はフケ症なので「プレシャンプー」で毛穴を開けてから通常のシャンプーをしている。

そして洗髪後、毛穴が空いている状態で育毛トニックをスプレーすると爽快感が広がり毛穴に浸透しているような気がするのだ。

 

だからこの「ナノインパクト100」はぜひ「プレシャンプー」と絡めて使ってみたいと思っている。

人を老けさせのは「髪の毛」と「しわ」だ。

 

もちろん歳相応でそれを良しとする人もいるだろう。

でも多くの方は少しでも若く見られたいと思っている。

 

シニアのちょっとした集まりでも女性は周囲からの目を非常に気にしている。

少しでも望みがあるなら自分はいくつになっても育毛に挑戦したいと思っている。

 

ナノ粒子の「ナノインパクト100」に賭けてみようと思う。

 

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.