時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

カルチャー

ビーガンの食材

投稿日:

スポンサードリンク



 

東京オリンピックを来年に控えて海外からの観光客が増加の一途を辿っている。

喜ばしい事だが受け入れる側の日本の体制が果たして整っているといえるだろうか?

 

例えばイスラム教徒が日本を訪れて一番困るの問題は間違いなく食事だ。

イスラム教徒は宗教上の理由から豚肉を口にしない。

 

だからといって寿司屋に案内すれば問題がないという話にはならない。

イスラム教徒は「ハラ―ル認証」を受けていないレストランにはまず入らないからだ。

 

イスラム教徒の数はおよそ19億人で世界の4人に一人の計算になる。

オリンピックを一年後に控えた日本には食事ひとつとってもまだ問題が山積みだ。

 

 

ということで我々シニア世代も現代の食文化の風潮には興味を持っておく必要がある。

最近では「ビーガン(ヴィーガン)」なる言葉が使われていることはご存じだろうか?

 

「ビーガン」を理解するにはあわせて「ヴィーガニズム」なる言葉も把握する必要がある。

「ヴィーガニズム」とは日本語に訳すと「絶対菜食主義」となる。

 

一般的に言われる「ベジタリアン」とは何が違うのか?

ビーガンには食材に関する四種類の解釈がある。

 

スポンサードリンク



 

動物系の食材は一切口にしないのが「ビーガン」だ。

牛乳やヨーグルトなどの乳製品は許容して食する「ラクトベジタリアン」だ。

 

そして「ラクトベジタリアン」にあわせて卵などを許容して食するのが「ラクト・オボ・ベジタリアン」だ。

さらに「ラクト・オボ・ベジタリアン」に魚を許容する食するのが「ペスコ・ベジタリアン」という分類になる。

 

つまり「ビーガン」はベジタリアンの最上級に位置すると覚えておけば正解だ。

しかし理屈はわかってもこれを日本で実践しようとすると前述の「ハラ―ル認証」と同じぐらい難しいだろう。

 

例えばサラダのドレッシングひとつとっても問題がある。

原料を遡って調べていく必要があるからだ。

 

実をいうと自分は「トランス脂肪酸」にかなり神経質になっていた。

先進国で「マーガリン」が認可されている国は日本ぐらいなのだ。

 

日本という国はこの手の対応がいつも後手後手になるので自己防衛を考えたのだ。

ということでマーガリン入っている食品を避けていたのだがそれはあまりにも無駄な作業であった事に気がついた。

 

つまり現代の日本においてマーガリンを否定してしまうと食べるものが無いのだ。

それほどマーガリンは菓子やパンなど日本の食品に浸透している。

 

日本でもしビーガンを目指す人がでてきているがかなり厳しい生活になるだろう。

結局、最後は「時給自足」の選択肢しかないのかもしれない。

 

スポンサードリンク



 

-カルチャー

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.