時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

国道16号の起点

投稿日:

スポンサードリンク



 

関東地方にお住まいの方なら国道16号と聞いてピンと来ると思う。

地方の方だとほとんどイメージがわかないのが国道16号だ。

 

なぜならこの国道は関東地方で起点と終点が完結しているからだ。

それでは国道16号の起点と終点はどこなのか?

 

どちらも「横浜市」というのが正解だ。

「東京環状」とも呼ばれ東京の外側およそ30km圏を環状に結ぶ希少(環状国道は名古屋にある国道302号と国道16号のみ)な国道である。

 

神奈川県横須賀市の観音崎と千葉県富津市の富津岬間は海上区間となっているが現実的には分断区間になっている。

さてこの国道16号の内側が概ね首都圏と呼んで間違いないだろう。

 

ただし横浜市の南および西側はその限りではない。

厚木市や平塚市あたりまでは間違いなく首都圏になるだろう。

 

という事でこの国道16号は首都圏の縮図と言われている。

以前、福岡県に本社を置く仏壇販売店が関東進出の際に国道16号の内側にこだわったという事をきいた事がある。

 

つまりこの国道16号沿線には各大手チェーン店が軒並み店を並べている。

実際、この国道16号の沿線だけを映したビデオが発売された事もあった。

 

どのような店がどこにあるかを把握するために制作されたが国道16号が首都圏の縮図と言われるのも頷ける話だ。

 

スポンサードリンク



 

さてこの国道16号沿線にどの街があるかを時計まわりで見てみる。

横浜市内から北西に進むと厚木方面から伸びる国道129号とぶつかる付近が相模原市橋本だ。

 

この付近に中央リニア新幹線の駅ができることになる。

そして北上すると東京都内に入り多摩地区最大の都市である八王子市に至る。

 

言わずとしれた大学の街である。

さらに進むと道の両側の風景が一変する。

 

右側には大きな飛行場が現れる。

停まっているのは軍用機ばかりだ。

 

左側に並ぶ店はあきらかに日本人向けではない。

ここは福生市にある米軍の横田基地だ。

 

 

ここを見るだけでも国道16号を走る価値があると思う。

そして埼玉県に入り入間市、狭山市と続く。

 

川越市に入ったところで国道16号はカクカクとした動きになる。

城下町保護の観点からかとにかく川越市内の国道16号は中心部を迂回したルートをとる。

 

川越を走る時は注意が必要だ。

そして荒川を渡ると埼玉県の県都であるさいたま市(旧大宮市)に入る。

 

その後千葉県に入り柏市、船橋市、八千代市などを経て千葉市と至る。

千葉市からは東京湾沿いを走り木更津市、富津市で前述の海上国道となる。

 

実延長およそ326kmの壮大な旅だ。

横浜市を早朝に出れば夕方までには富津市には着くだろう。

 

ただし各街での断続的な渋滞だけは覚悟しておかないといけない。

 

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.