時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

白髪染めのスピードをあげる

投稿日:

スポンサードリンク



 

今回、床屋で髪の毛を通常よりも短めに切ってもらった。

短くしてすっきりしたのだが気持ちは思ったほどすっきりしていない。

 

実は短くした分だけ白髪が更に目立つようになってしまったからだ。

以前「白髪は染めないで自然体の白髪でいよう」という旨の記事を書いた。

 

がやはり落ち着かないのだ。

髪の毛があるうちだけでも白髪を染めて無駄な抵抗をやはりしようと試みる事になる。

 

というのも頭全体が真っ白ならそのままでも良い。

でも不思議なことに髪の毛の少ない登頂部分だけが妙に黒いので厄介なのだ。

 

ということで頭の両サイドばかりが白く目立ってしまう。

つまるところ定期的に白髪染めをする事になってしまうというわけだ。

 

歳相応だとは思うがやはり他人様の目が気になる。

結局、自分は小市民なのだろう。

 

さて白髪染めをもっと早くできないかと思ったことはないだろうか?

実をいうと自分は白髪染めのスピードをあげる方法を知っている。

 

これは昔、おつきあいのあった取引先の方に聞いたものだが非常にスピーディーで効果的である。

皆さんもぜひ参考にしてみてほしい。

 

まず食品用のラップの準備してテーブルの上に70~80cm程度に広げて置く。

 

スポンサードリンク



 

そしていつも通りに白髪染めをする。

特に気になる両サイドの根元部分は良く毛染め剤を浸透させておくのがポイントだ。

 

全体に浸透させたところで先ほど準備したラップの出番だ。

このラップを頭に巻いていくのだが重要なのがその巻き方だ。

 

まず中央部分の下を自分の目の位置に合わせる。

そのあと両サイドの後ろ側にラップを巻き込んでいく。

 

その際に耳が隠れるぐらいが理想的だ。

つまりもみあげの染め残しを残さないため可能な限りラップを下に持ってくる必要がある。

 

 

最後に登頂部分にラップをかぶせて頭全体が覆われる状態にすれば完成だ。

ここで一旦休憩してお風呂に入る準備をする。

 

お風呂が沸くまでの間に染め残しが残りやすい耳の上や裏側など気になるところを入念にラップの上から押し込んでいく。

このほうが櫛を使って毛染め剤を髪に絡めるよりもよっぽど効果があるし何よりも速い。

 

5分程度時間が経過したら風呂に入るがここで慌ててラップを外してはいけない。

上着や下着を脱ぐ際に毛染め剤で汚してしまうからだ。

 

ラップを巻いたまま服を脱ぐ。

裸になってラップを外せば上着や下着を汚すことはない。

 

興味のある方は一度実践してみてはいかがだろうか?

 

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.