時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

北見市に地下鉄

更新日:

スポンサードリンク



 

一般的に地下鉄敷設の条件としてその都市の人口規模が100万人と言われている。

100万の人口がいないと地下鉄という高額な投資に見合う収入が得られないという事だ。

 

だから日本の地下鉄がある都市で一番人口が少ないと思われる仙台市でも人口はおよそ108万人もいる。(千葉県の船橋市には東京メトロ東西線が走っているがこちらはあくまでも東京都の地下鉄なので船橋市はカウントしない)

だから100万人を割る様な都市はモノレールで対応する事になる。

 

千葉市や北九州市などがそうだ。

ところで地方の都市の地図を見ているとついつい地下鉄計画を立てたくなる。

 

人口が100万にも満たない都市でも仮想で敷設してみるのは楽しい。

ということで今回食指が動いたのは北海道の北見市だ。

 

北見市の人口はおよそ12万人で北海道で9番目の都市になっている。

北海道の原野を車で走っているとちょっとした街でも大きく見える。

 

そのためこの北見市などは非常に大きな都市に感じてしまうのだ。

実際、最低限の都市機能を有する日本の北限でないかと思っている。

 

北海道はその広さゆえに「県」の単位のような「支庁」というものがあった。

現在は「総合振興局」に名前を変えているがこの北見市が属するのは「オホーツク総合振興局」だ。

 

この所在地は旧網走支庁の関係から未だに網走市に置かれている。

両市を訪れたことがあるが明らかに北見市のほうに置くべきだ思う。

 

スポンサードリンク



 

さて話を地下鉄計画に戻そう。

北見市は整然と区画された碁盤の目が美しい街だ。

 

この五番目の利用して北西から駅方面につながる「U字」型の路線を考えてみた。

起点は「美山北公園」で終点は「高栄北公園」となる。

美山北公園

美山町南三丁目

東陵公園前

大雪大通

桜町

北見駅

中央町

花月町

高栄北公園

 

というところだろう。

コンパクトにまとまったと思うが地元の方のご意見はいかがだろうか?

 

 

実をいうと北見市には東京資本の百貨店である「きたみ東急」が2007年まで営業していた。

また地元の北海道北見バスは一時期東急グループに入っていたことがある。

 

自分などは北見に初めて行った時に東急のバスを見てびっくりした事がある。

東急が北見に投資したという事はそれなりの資源があっての事だと思う。

 

人口減少など厳しいおりだが今後も北見市を応援していきたいと思う。

なおこの地下鉄は自分の独断と偏見による仮想地下鉄だ。

 

実現する可能性はかなり低いと思われる。

 

松戸市に地下鉄

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.