時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

地方の人口減少問題

投稿日:

スポンサードリンク



 

日本の人口減少が叫ばれて久しい。

ただ漠然と人口が減ると言われもピンと来ない人も多いのではないだろうか?

 

「2045年市町村将来推計人口ランキング」という資料がある。

興味のある方はグーグルで検索すればすぐご覧になる事ができるだろう。

 

2015年から2045年の日本の市町村の人口増減率を表わしている資料だ。

2045年といえば26年後だ。

 

自分が存命かどうかはさておきこの資料を見ると誰もが愕然とするだろう。

まず2045年の市町村ランキングのベスト5を見てみる。

 

1.神奈川県横浜市 344.6万人(-7.5%)

2.大阪府大阪市 241万人(-10.4%)

3.愛知県名古屋市 217.3万人(-5.3%)

4.北海道札幌市 180.5万人(-7.5%)

5.福岡県福岡市 165.4万人(7.5%)

 

人口の後にあるカッコ内の(%)は2015年との人口の比較だ。

何かお気づきにならないだろうか?

 

ベスト5の都市のうち福岡市を除くすべての都市が減少しているのだ。

関東で東京に匹敵するブランド力を持っている横浜市。

 

近畿圏の中心都市である大阪市。

中部圏を一都市で牽引してきた名古屋市。

 

そして北海道経済を引っ張る北の都、札幌市。

これらの大都市がマイナスに移行する事はにわかに信じられない。

 

福岡市がかろうじてプラスになっているのはせめてもの救いだ。

ちなみに東京都は区部でランキング入りしているためトップ10には顔を出してこない。

 

 

でも東京都の中でもしっかり明暗が分かれている。

足立区は-12.6%にもなっている。

 

勝ち組であった東京都でさえこの状況なのだ。

 

スポンサードリンク



 

日本の総人口は2015年から2045年の間に2,000万人減ると予想されている。

2,000万人といえば100万都市20ヶ分だ。

 

隣の街に人が大量に移転したとかの次元の話ではないのだ。

ちなみに現状の政令指定都市でプラスになっているのは6位の神奈川県川崎市(5.1%)と9位の埼玉県さいたま市(1.7%)のみだ。

 

それ以外の政令指定都市は残念ながらすべて人口が減少となる。

 

7.京都府京都市 129.7万人(-12.1%)

10.広島県広島市 129.5万人(-15.7%)

11.宮城県仙台市 92.2万人(-14.7%)

13.千葉県千葉市 90.5万人(-6.9%)

15.福岡県北九州市 77.1万人(-19.8%)

 

17.大阪府堺市 70.7万人(-15.7%)

18.静岡県浜松市 70.4万人(-11.7%)

19.熊本県熊本市 69万人(-6.8%)

20.新潟県新潟市 68.8万人(-15%)

21.岡山県岡山市 68.4万人(-4.9%)

 

22.神奈川県相模原市 63.6万人(-11.6%)

30.静岡県静岡市 56.7万人(-19.5%)

 

特に厳しいのが北九州市と静岡市だろう。

20%近い減少だ。

 

なんと静岡市にいたっては政令指定都市ではない千葉県の船橋市や埼玉県の川口市にも抜かれる事になる。

ただこのクラスの都市はまだ黄色信号だ。

 

宮城県石巻市、大阪府門真市、群馬県桐生市などはマイナス40%以上が予測されている。

まさに赤信号になっているのだ。

 

地方の人口減少問題は深刻だ。

今後、規模の小さな地方自治体は衰退どころか消滅が現実化しようとしている。

 

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.