時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

バツイチ子持ち再婚のリスク

投稿日:

スポンサードリンク



 

よく子だくさんの夫婦は子供が小さな頃のかわいさが忘れられないから次々に子供を作ると言われている。

自分は子供が生まれるまでこの意味がわからなかった。

 

しかしやはり子供が生まれるとその意味が理解できた。

そう子供は生まれてから何もしていなくても「親孝行」をし続けていることになる。

 

また「子はかすがい」という言葉をご存じだろうか?

どちらかというとこの「かすがい」という言葉は「宝物」的な意味合いに取られている方が多いのではないだろうか?

 

ちなみに「かすがい」とは「春日井」の事ではない。

「かすがい」とは「鎹(かすがい)」のことで材木と材木とをつなぐために打つ両端の曲がっている釘のことだ。

 

つまり子供がいる事により夫婦の縁が保たれているという事。

どちらにしても子供は夫婦にとってかけがえのない存在であることに変わらない。

 

ところがこの目に入れても痛くない存在である子供に手をかける親が最近増えている。

つい先日、児童が父親に虐待されて亡くなるという痛ましい事件があった。

 

多くの方がこの親に怒りを覚えたことだろう。

というのもこの親はこの児童の実の父親だったからだ。

 

スポンサードリンク



 

恥ずかしいが子煩悩な父親だった自分からしたらとうてい理解ができない話だ。

そもそもこの手の事件が起きると概ねバツイチで子持ちの母親の再婚相手による虐待という話が多い。

 

バツイチ子持ち再婚のリスクはかなりある。

結婚相手を性善説で捉えて結婚すると大きな過ちを起こされる事になるからだ。

 

現在の日本の離婚率はおよそ35%だ。

三組に一組が離婚している計算だ。

 

 

こうなるとバツイチ子持ち再婚の可能性もかなり上がってきそうだ。

一度結婚に失敗している人は結婚相手の選択に慎重になるはずだ。

 

でもそれでも虐待する男性を見破る事はできない。

という事で昔ある人に言われた人の言葉を思いだす。

 

離婚とは転職と同じようなものだ。

再婚相手(転職先)が現状より良くなる可能性が低いというものだ。

 

もちろん再婚してより良い結婚相手に恵まれることもあるだろう。

話を戻そう。

 

自分の連れ子を可愛がってくれない大前提でバツイチ子持ちの再婚は考えるべきだろう。

そして最後に子供を守ってあげる事ができるのは生みの母親だけという事だ。

 

もう悲しいニュースを目にしたくないものだ。

 

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.