時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

育毛剤は効くのか?

投稿日:

スポンサードリンク



 

冬は体だけではなく髪の毛にとっても過酷な季節だ。

静電気の衣服にまとわりつく抜け毛も非常に気になる。

 

また風呂の排水溝に溜まる髪の毛が多いように感じる。

もともと自分は人に比べて髪の毛の多いほうではなかった。

 

周囲の人達から若禿の可能性をよく指摘されていた。

だから髪の毛のケアには人一倍神経を使ってきた方だと思う。

 

ただ父親の頭の見ている限り最後は遺伝には勝てないとも思う。

無理を承知で頑張れたのも40代までだ。

 

50歳を超えてなお髪の毛はより一層に細くなっている。

髪の毛の密度に至っては見るも無残な状況だがこのところはハゲ止まっている状態だ。

 

ということで女性でもないのに洗面所の鏡の前に立つ時間が長くなった。

同世代のシニアの方も状況は同じではないだろうか?

 

育毛剤で「加美乃素」のテレビコマーシャルで「髪は長い友達」というキャッチコピーがあったが凄く的を得ていると思う。

女性がいつまでも若く美しくありたいように、男性もいつまでもで髪の毛と長い友達でいたいのだ。

 

髪の毛との共存は人間に与えられた永遠のテーマなのかもしれない。

さて髪の毛の悩みを持つ方は「増毛」とか「育毛」という言葉に敏感に反応してしまう。

 

スポンサードリンク



 

自分も例外ではなくテレビや新聞でこの言葉を聞くと非常に敏感に反応してしまう。

実は最近話題になっている「AGA(エージーエー)の専門医師に相談した事もある。

 

その医師に言わせると残念ながら「AGA(エージーエー)」は壮年性脱毛症に効果はあまり期待できないとの事だ。

ちなみに「AGA」は禿げの治療方法のことではない。

 

「Androgenetic Alopecia」の略で「男性型脱毛症」という症状そのものを表わしている。

「AGA治療」とは「食習慣」や「生活習慣」などの「環境」を考慮して個人に施される治療という事らしい。

 

 

ということで「AGA」への希望を絶たれた今、自分はもっぱら育毛剤に力を入れている。

そもそも「育毛剤は効くのか?」という素朴な疑問が生まれるが、溺れる者は藁をもつかむ状況なのだ。

 

結局いろいろ手を出して効果がでるかどうかの検証が出来ない。

そんな自分が辿りついたのがホソカワミクロン社の「ナノインパクト100」という商品だ。

 

効果はまだ検証中なので何ともいえないが「ナノインパクト100」は「ナノテクノロジー」で毛穴の200万分の一の大きさで皮脂を貫通するところが非常に気になる。

暫く続けてみようと思う。

 

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.