時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

見た目九割

更新日:

スポンサードリンク



 

人間は他人からどう見えているかを非常に気にする動物だと思う。

特に女性は尚更ではないだろうか?

 

あまり過激になると「ナルシスト」と呼ばれる事になる。

自分も含めて何故こんなに人の目を気にするのだろうか?

 

それは「見た目九割」という五文字のことわざにすべて集約されていると思う。

つまり見た目でその人のイメージは90%決められてしまうからだ。

 

特に一期一会の本日限りの出会いにおいてはその見た目だけですべてが決めつけられてしまう。

高校時代にお互いに「見た目九割」で距離を置いていた友人が大学時代に突然仲良くなった事があった。

 

お互いに早い時期にもっと話をしておけば良かったと後悔したこともある。

そう人間なんて話をしてみないとその本質はわからないものなのだ。

 

自分は営業の仕事をしていた頃はとにかく身なりに気をつけていた。

それはビジネスという世界では皆がその基準を守っているからだ。

 

特に新規開拓は初対面ですべてが決まってしまう。

一度でも不快感を与えてしまったらそれこそ本題の商談の持ち込むのは不可能だろう。

 

容姿に自信がなかった自分が一番こだわっていたのは清潔感だ。

これは男女の関係構築においても重要なファクターになると思う。

 

だからハンカチは必需品だった。

 

スポンサードリンク



 

さて女性にとって「見た目九割」という認識は男性のそれとはかなり深刻さが違うように思われる。

なぜなら女性の場合の見た目は男性からの視線もさることながら同性である女性からの視線も意識しないといけないからだ。

 

その状況が理解できるのが男性誌と女性誌の表紙を飾る芸能人やモデルだ。

男性誌の表紙を飾るのは概ね女性アイドルや女優だ。

 

ところが女性誌の表紙を飾るのは女性モデルや女優だ。

女性の視線は絶えず同性異性に向けられている。

 

 

誤解を恐れずに言えば美人や美男子に生まれた人達はある意味逆差別されてきたわけだ。

入社試験において同じ学力、同じ器量なら必ず見た目が良い方が選ばれる事になる。

 

一時期、民放各社が女子アナウンサーを顔で選んでいた時期がある。

「見た目九割」を否定するつもりはない。

 

それではそれなりの容姿で生まれてしまった人はどうすれば良いのか?

「9対1」のゲームを瞬時にひっくり返す伝家の宝刀が必要になるだろう。

 

それはお笑い芸人のような笑いの掴みのテクニックしかない。

しかし初めて会った人を数分以内に笑わす事はなかなか至難の業だ。

 

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.