時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済 未分類

松竹梅の戦略

更新日:

スポンサードリンク



 

大阪人は「安く買った」事を自慢する。逆に東京人は「高く買った」事を自慢すると言われている。

お金にシビアな大阪人と見栄っ張りな東京人をうまく表していると思う。

 

その典型が1980年代に量販店の二強だった大阪のダイエー(厳密には創業地は神戸市)とイトーヨーカ堂だ。

ダイエーは価格破壊を武器に一斉を風靡した。

 

対するイトーヨーカ堂は単品管理にこだわり高利益体質で店舗を拡大していた。

最終的には高利益体質のイトーヨーカ堂に軍配があがりダイエーは現在は後発組みのイオンの傘下に入っている。

 

またイトーヨーカ堂も子会社のセブンイレブンに頼る状況下に現在ある。

現況はさておきダイエーのような「安ければ売れる」というの商売は長続きがしないという事だ。

 

イトーヨーカ堂を始め子会社のセブンイレブンもこだわっているのは、「客が必要とする商品を適正な在庫を持ち適正な価格」で販売するという事だ。

これが簡単そうで難しいがPOSデータで確立していった。

 

「商いとは飽きない」事と言われているが商売とは本当に難しいものだ。

ところで企業における「松竹梅の戦略」はご存じだろうか?

 

スポンサードリンク



 

現在、外食産業など多くが企業がこの手法を取り入れている。

例えば「焼肉きんぐ」という焼肉店をご存じだろうか?

 

この店の食べ放題には3つのコースが設定されている。

一番リーズナブルな「58品食べ放題コース」が2,680円(税抜)だ。

 

次に100品が食べ放題な「スタンダードコース」が2,980円(税抜)だ。

そして熟成特上カルビなども食べ放題となる「プレミアムコース」が3,980円(税抜)になっている。

 

ここでポイントとなるがのが梅である「58品食べ放題コース」と竹である「スタンダードコース」の価格差である。

その差300円なら普通の人は竹の「スタンダードコース」を選ぶだろう。

 

ただ竹の「スタンダードコース」と松の「プレミアムコース」では1,000円の差で少々ハードルが高い。

必然的に竹コースの注文が多くなると図式だ。

 

 

この「松竹梅の戦略」では明らかに「スタンダードコース」に誘導しようとしているのだ。

元々日本人は3ヶの選択肢があると真ん中を選びやすい。

 

巧みな商品戦略といえるだろう。

これは他の商品にも当てはまる。

 

スタンダードな商品の上に少々高額なモデルを置く事によりスタンダードな商品に落ち着かせようとする商品戦略は多々ある。

もちろん売りたいのは高額な見せ筋商品ではなく利益率の高いスタンダード商品というわけだ。

 

スポンサードリンク



 

-政治・経済, 未分類

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.