時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

白髪染めの時短

投稿日:

スポンサードリンク



 

先日髪の毛を少し短めに切ってきたら案の定白髪だらけになってしまった。

以前、「白髪を染めずに自然体の白髪でいよう」という事を記事にした事がある。

 

がやはりどうしても落ち着かない。

せめて髪の毛がある部分だけでも白髪を染めて無駄な抵抗をする事になる。

 

というのも全体が白髪なら良いのだが不思議と登頂部分は量が少ないわりに黒いところが残っている。

だから両サイドばかりが白くなっていく。

 

 

つまるところ定期的に白髪染めをせざるえなくなってしまうのだ。

さて自分は白髪染め時短のある裏技を持っている。

 

これは昔の取引先の方に聞いた方法なのだが非常に効果的だ。

皆さんもぜひ実践してみてはいかがだろうか?

 

まずどのご家庭にもある食品用のラップを準備する。

テーブルに70~80cm程度に広げてカットをして置いておく。

 

食品用ラップはすごく絡みやすいのでテーブルの上はフラットの状態が理想だ。

そしていつも通りの白髪染めを始める。

 

特に両サイドの根元付近は入念に毛染め剤を浸透させる。

さて一通り浸透させたところで先ほどのラップを頭に巻く。

 

ここでポイントになるのがそのラップの巻き方。

 

スポンサードリンク



 

まず中央部分の下を自分の目の位置に合わせる。

左右を後ろ側に巻き込んでいく。

 

その際に耳を隠すぐらいの位置が理想的だ。

つまりもみあげの染め残しを無くすために可能な限りラップを下にもってくる必要があるだ。

 

そして登頂付近はじっくり後ろ側に持ってきて頭全体がラップで覆われる様にする。

ここまで来たらお風呂に入れる準備をしておく。

 

特に冬場は寒いのでこの準備が重要なポイントになる。

次にいつも白髪染めをして残ってしまう耳の上や裏側そして頭の後ろ側気になるところを入念にラップの上から押し込んでいく。

 

あまり強く引っ張るとラップが切れるので注意して欲しい。

要はこの数分間でラップで包んで髪の毛に毛染め剤をじっくり浸透させるいう事だ。

 

鏡の前で櫛で何度も毛染め剤を絡めるよりもよっぽど効果がある。

5分程度時間が経過したら風呂に入るがここで慌ててラップを外してはいけない。

 

なぜなら上着や下着を脱ぐ時に汚れるからだ。

そこでラップを巻いたまま服を脱ぎ、裸になったところでラップを外せば上着や下着が汚れることはない。

 

後はいつも通り洗髪をして毛染め剤を落とせば終了だ。

思ったいる以上に効果があると思う。

 

実践してみてはいかがだろうか?

 

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.