時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

育毛剤を使いすぎ

投稿日:

スポンサードリンク



 

冬場になると抜け毛が特にひどくなる。

洗髪後の排水溝のフィルターを見るのが非常に辛い。

 

もともと髪の毛の多いほうではない。

まわりからは若禿になるよと揶揄されてきたので人一倍髪の毛には神経を使ってきたほうだ。

 

もちろん父親の頭の状態を見てきているので遺伝には勝てないことも知っている。

悪あがきと言われようと頭皮の清潔は維持してきたほうだと思う。

 

ただそれも40代後半までが限界だった。

髪の毛は一気に細くなり洗髪時に抜け毛がだんだんに目立つようになる。

 

気にしないと心がけていても鏡の前に立つ時間が長くなってしまうは自分だけじゃないだろう。

シニア世代だからこの髪の毛の量は歳相応と思いたいが同世代のフサフサな人に会うとやはり願望のまなざしになっている。

 

女性はいつまでも美しく男性はいつまでもで禿げていたくないのは人間の永遠のテーマのような気がする。

という事で「増毛」、「育毛」というテレビの広告には敏感に敏感に反応してしまう。

 

実をいうと最近話題になっている「AGA(エージーエー)」である医師に相談に行ったことがある。

残念ながらシニアの世代には効果があまり期待できないといわれた。

 

ちなみに「AGA(エージーエー)」は禿げに効く治療法や薬ではない。

 

スポンサードリンク



 

「Androgenetic Alopecia」の略で「男性型脱毛症」という症状自体を表わしている。

「AGA(エージーエー)治療」では「食習慣」、「生活習慣」、「環境」などを加味して個人に施す治療を事らしい。

 

という事で興味はやはり育毛剤に行きつく。

テレビや雑誌でちょっとでも話題になるとあっちこっちの育毛剤に手を出してしまう。

 

結局どれが効果があるのかないのかわからない。

ただ結果がでてないところをみると結局はどの育毛剤も効果がでていないのだろう。

 

 

育毛剤の使いすぎは経済的にも良くないと思う。

ただ最近ひとつ気になっている育毛剤がある。

 

効果はわからないが使ってみようかと悩んでいる。

実は少々高額なのだ。

 

それはホソカワミクロン社製の「ナノインパクト100」という商品だ。

ホソカワミクロンは本来は「粉体製造システム」の世界トップクラスの技術をもっている。

 

最近話題の「ナノテクノロジー」の技術だ。

この「ナノインパクト100」はその「ナノテクノロジー」により毛穴の200万分の一の大きさで皮脂を貫通するとの事。

 

話を聞いているだけでも効果がありそうだ。

いろいろな育毛剤自体には実際効果があるらしいのだが、現実的には毛根から浸透していないのが問題だと言われている。

 

この商品理にかなっているのではないだろうか?

くれぐれも育毛剤の使いすぎには要注意だ。

 

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.