時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

眉毛の白髪を抜く

投稿日:

スポンサードリンク



 

最近、鏡の前に立つ時間が長くなったような気がする。

概ね女性は鏡の前に長時間立ちがちだが、男の長居は少々わけがある。

 

まず第一が髪の毛だ。

見たからと言って増えるわけではないのだが、とにかく気にかかる。

 

次に気になるのが髪の毛の白髪だ。

一見黒く見える髪の毛も根元を探ってみると真っ白である。

 

特に両サイドから襟あしに至る部分が酷い。

これを気にしだすとキリがないので、ある程度のところで見るのを止めてしまう。

 

さて次に気になるのが髭や鼻毛の白髪だ。

気が付くと髪の毛の白髪から数年遅れてこれらの白髪が増えていく。

 

もちろん下のほうもちらほら増えてきている。

でも髭は毎日剃るのでそれほど目立たない。

 

鼻毛については毎日歯磨きをしながら目立つものだけを処理していくのでこちらもさほど目立たない。

そこに伏兵がいた。

 

そうそれは「眉毛の白髪」だ。

目が悪くなっているのもあるがこれだけ近距離で鏡を見ていながらとにかく気がつかない。

 

そこで老眼の眼鏡をかけてテーブルに座って手鏡で見るとこれが結構でているのだ。

目の上の眉毛にこれほどまで立派な白髪が生えていたとはまさに「灯台もと暗し」だ。

 

スポンサードリンク



 

白髪が気になるのは老けて見えるからだ。

歳相応といえばそれまでだが若く見られたくない人はいないと思う。

 

生えている毛には目的がある。

故に自分は耳毛を除いて抜くような事はしない。

 

鼻毛用の小さなはさみを持ち出してせっせと処理をするのだ。

ところでこの手の話は結構皆さんも「あるある」ではないだろうか?

 

老後とは白髪と無駄毛との戦いなのかもしれない。

白髪の原因は「チロシン」というアミノ酸の老化により減少に起因すると言われている。

 

このチロシンというアミノ酸の補給には「大豆」や「カツオ」また「たらこ」や「チーズ」などの摂取が良いようだ。

酒飲みの自分にはまたとない「酒の肴」が並んだ格好だ。

 

特に豆腐は大好きなので積極的に食べていこうと思う。

白髪は抜いてもキリがないというのが本音だ。

 

 

中には村山富一前首相のように全然気にせず伸ばし続けていく方もいる。

ただ自分はあまり長くなると視界に入ってくるのでストレスがたまる。

 

残りの人生は眉毛の白髪との戦いになりそうだ。

根気が続くかぎりはさみで処理をしていくしかないだろう。

 

なおこれは「眉つば」の話ではない。

 

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.