時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

喫煙の健康への影響

投稿日:

スポンサードリンク



 

先日、初詣での人ごみの中で煙草を吸っている輩に遭遇した。

このご時世に人ごみの中で煙草を吸うその厚かましさに呆れてしまった。

 

見れば道行く人達がその男性に距離をおいて避けていく。

皆煙草の副流煙の恐怖を知っているのだ。

 

昨年の10月からセブンスターが500円に値上げされだ。

煙草も一箱ワンコインの時代になった。

 

自分は大学生から煙草を吸い始め、30歳前にスッパリと止めることができた。

正直その時に止めていて本当に良かったと思う。

 

ちなみに当時吸っていた煙草はハイライトで150円の時代だ。

セブンスターが180円の時代だった。

 

煙草は当時の三倍に跳ね上がっている事になる。

昨年の煙草の値上げでどれだけの喫煙者が禁煙したかは疑問だ。

 

喫煙者の数字はあまり変わっていないのではないだろうか?

このご時世で未だに煙草を止めていない方々は相当のヘビーユーザーだ。

 

たぶんもう一桁高くならないと禁煙はしないだろう。

今から思えば煙草を本当に美味しく思った瞬間は限られていたような気がする。

 

食後の一服は確かに美味しい。

でもあとの煙草は惰性で吸っており美味しく感じていたかは非常に疑問だ。

 

スポンサードリンク



 

特にビジネスにおいては煙草は小道具になっている面が多々ある。

取引先の人間とテーブルにつく度に煙草を一服。

 

一回の商談で最低でも2本に火をつけていただろう。

特に内勤で客の対応をする人は一日中煙草を吸うことになってしまう。

 

夕方になるとあるのは不快感と吐き気だけだ。

それだけ不快な思いをしながら喫煙者は煙草の危険性と向かい合っていく事になる。

 

煙草には「癌」、「脳卒中」、「心筋梗塞」、「動脈硬化」、「高血圧」、「糖尿病」などの命にかかわる疾患のリスクが高いと言われている。

確かに喫煙をしていなくてもこれらの疾患になる可能性は否めない。

 

でも自分から火の海に飛び込む事もないだろうと思う。

そして喫煙のデメリットとして喫煙者に知って欲しいのが「口元の臭い」だ。

 

 

とにかく臭いのだ。

これは喫煙者本人には絶対に理解できないだろう。

 

煙草を止めて数十年経つ自分は喫煙者のそば行くと吐き気をもよおす。

そう喫煙者の方は知らない間に周囲に公害をまき散らしているのだ。

 

喫煙者は煙草を吸っていなくてもまわりに迷惑をかけている。

とにかく早く止める事をお奨めする。

 

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.