時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

2018年の総括

投稿日:

スポンサードリンク



 

2018年もまもなく終わりをつげる。

激動の2018年を国際的な動向でまとめてみた。

 

1月  韓国平昌冬季五輪開催で南北が急接近

3月  中国全人代で「主席任期」の制限を撤廃

3月  中国の習近平主席と北朝鮮の金正恩委員長が初会談

4月  アメリカとイギリスがシリアに軍事攻撃

4月  南北首脳が会談で金正恩委員長が初訪韓

 

5月  イスラエルのアメリカ大使館がテルアビブからエルサレムに移動

6月  アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長が初会談

7月  アメリカのトランプ大統領とロシアのプーチン大統領が会談

8月  アメリカ兵の遺骨が65年ぶりに北朝鮮から祖国へ

9月  北朝鮮で南北首脳会談

 

スポンサードリンク



 

10月  トルコでサウジアラビア人記者が殺害

10月  カナダで大麻が解禁

10月  韓国大法院が新日鐵住金に賠償金支払い命令

11月  フランスで燃料増税に抗議デモ

 

11月  アメリカと中国対立でAPEC首脳宣言を断念

11月  EU首脳会議でイギリス離脱合意案が正式決定

11月  アメリカ政府が中国のファーウェイ製通信機器を排除

12月  日本政府がIWCから脱退表明

12月  韓国駆逐艦による自衛隊機に対するレーダー照射問題

 

主だったものをあげたみた。

意外だったのが朝鮮半島の動向が多い事だ。

 

この傾向は来年も続くのではないだろうか?

特に一番気になるのが「レーダー照射問題」だ。

 

一見、日本と韓国の二国間の問題のように見えるが、実は国際的な大問題になる可能性がある。

だから韓国が国全体でこの事実を隠ぺいしようとしているようにも思える。

 

 

ネット上では韓国軍と北朝鮮が「瀬取り」行為をしていたのではないかと憶測が飛んでいる。

「瀬取り」とは洋上においての船荷の積み替え作業を意味している。

 

北朝鮮には現在、国連安全保障理事会の経済制裁が発動しており韓国も表たって支援が出来ない状況下にある。

もしこの行為が行われていたとしたら来年早々にもアメリカが行動を起こす可能性がでてくる。

 

激動の2018年の次に更に激動の2019年が待っているように思える。

 

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.